顧客トラブルへの対応は軽貨物運送での直送が一番!

ビジネスの現場では、どんなにしっかりした仕組みを構築していても、マイナーな顧客トラブルは発生してしまうものです。それは、同じ商品・サービスを販売側と購入側が正反対の立場から見ているわけですから、たとえ同じ日本語を話す日本人であっても、イメージしている期待が異なるからです。

いざトラブルが発生してしまったときには、緊急対応が一番の最善策

もしトラブルが発生してしまった場合には、企業は緊急対応を迫られることになりますが、このトラブルを解決するには、改めて直接完全品をお届けするのが最善策です。こういう場合に、小回りが利き非常にスピーディな軽貨物運送業が最適なのです。また、こうしたケース以外にもさまざまな事例がありますけれども、共通点はやはり時間上の制約を含めて「宅配便では送れない何らか理由があること」なんです!さらに加えて「ほかに方法がなくて困っている!」ということです。

宅配便でない直行、直送、直納便によって、納入所要時間(走行時間)を短縮する

 ほとんどの場合で、仕事を受注した側がトラブルに追いつめられている状態で、もし早めにこのトラブルを解決しなければ、発注元である得意先や顧客からのクレームや苦情を呼ぶことになるでしょう。そのまま放置すればさらなる重大事態を引き起こし責任問題が発生してしまうこと必定です。それは、下請業者が納期を守れず、取引先工場の製造ラインを止めてしまうようなことになったら、大騒動になることは間違いありません。取引先からはペナルティーや取引停止にされても仕方のないところです。よくあるメーカの下請業者などの失敗パターンを挙げてみますと、

・自社への納入業者からの材料搬入が遅れた
・製造ラインがこわれて納期が過ぎた
・発注ミスに気づいたが、もう遅くて手遅れになってしまっている

こういったトラブルが発生すると「トラブルで失われた時間を取り戻さなければいけない、という切羽詰まったニーズ」が発生します。しかしながら製造時間を短縮して時間を取り戻すことには限界があります。なぜならば、ただでさえトラブルになっていて失敗が許されない状態に加えて、短時間で製造したりすると粗悪品が出来上がることに繋がるからです。そうすると、あとは宅配便でない直行、直送、直納便によって、納入所要時間(走行時間)を短縮するしかないことになります。こうしてメーカの下請業者は、とにかく一番早く届けられる方法を選ぶことに成り、「やむを得ずだが、軽貨物運送業者に頼もう」とい考えるのです。