宅配便で送ることができない荷物でも軽貨物運送ならOK

ヤマト運輸や佐川急便、あるいは郵便局のゆうパック(小包)など、宅配ビジネスが浸透して一般的になりました。このあまりに普及して人々が「当たり前」だと思っているところにビジネスチャンスがあります。

お客様の気持ちに沿って考えることが、軽貨物運送ビジネスの成功を導き出す

例えば、宅配便で送ることができない荷物はいかがでしょうか?本当に慎重な取扱いが要求される「特別なこわれもの」の荷物とか「普通に梱包するのが難しい」荷物というのは、宅配便で送るのにリスクを感じたり、宅配便会社から断れてしまう、いわゆる「訳あり荷物」に当たります。しかし、だからといって荷物を運ばないわけにはいけません。ある意味では、そうした荷物だからこそ、荷主さんはなんとかして届け先へ無事に届けたいと考えるものではないでしょうか?そうしたお客様の気持ちに沿って考えることが、ビジネスの成功を導き出すのです。

運送業者に出したその日に相手先に届けたいなら

もちろん、前提として「時間がないから」「急いでいるから」というのが、軽運送運送業へのニーズではありますが、その背景にある最大の理由を考えてサービスを広げることにこそ、取引の機会が眠っている違いありません。もし宅配便で送ることを考えれば、預けた荷物が実際に届け先に配達されるのは、どんなに早くても翌日になります。あるいは、もし「運送業者に出したその日のうちに、相手先まで確実に届けたい」と考えるなら、直接運送するサービスを使うしか方法がないのです。

直接届け先へまっすぐ運んでくれる軽運送業者に頼みたい

だからこそ、他の荷主の荷物と混載しないで、お客様の荷物だけを積載して直接届け先へまっすぐ運んでくれる軽運送業者に依頼したいとお客様は考えるようになるのです。ここに、軽運送業ビジネスの存在意義があるのです。実際に、軽貨物運送の現場ではこのようなニーズが非常に高く、日々その対応で動いているのです。