軽貨物運送業のマナー

軽貨物運送業のマナー

 

軽貨物運送業はただ荷主から届け先に荷物を運べばいいというものではありません。以前に書いたように、接客業でもあるのです。

お客様から気持ちよく荷物と送料を受け取り、届け先に届ける時もできるだけ良い感じを与えることが大切です。

服装も大切です。フランチャイズの場合は、決まったユニフォームが支給されます。独自で起業した時は、それらしい作業着を揃えましょう。

特に届け先に伺う時は、相手はピンポン一つでドアを開けるわけですから、きちんとした作業着を着ている事は、信頼を得る上で大切です。

当たり前の事ですが、荷物の扱いは丁寧に行いましょう。お客様はこちらが思う以上にこちらの作業のやり方を見ているものです。

荷主さんの所に集荷に行った時は、必ず、ただ‘〇〇運送です’と言うだけではなく、‘こんにちは’程度で構いませんから、何か挨拶の言葉を付けましょう。世間話の一つもできればいいですね。野球が好きだとか、サッカーが好きだとか、釣りが好きだとか、相手の趣味を把握しておくと、会話がしやすいでしょう。

必ず、‘またお願いします’の言葉は忘れてはいけません。

服装は、清潔を心がけましょう。特に夏は、汗臭さに気を付けましょう。

また、たばこを吸う人は、たばこのにおいにも気を付けましょう。吸わない人には相手のたばこの匂いは、とても気になるものです。

そして、何より大切なのは、笑顔です。笑顔はあなたの存在感を倍増してくれます。