軽貨物自動車運送会社を設立するために必要なのは何ですか?

軽貨物運送業の回答 
軽貨物自動車運送会社を設立するために必要なのは何ですか?

軽貨物自動車運送会社を設立するために必要なのは、以下の7点です。

手続としては、まず最初に会社を設立します。会社を設立するためには、出資者と役員就任者の印鑑証明書が必要ですので、ご用意ください。

・印鑑証明書

この印鑑証明書ですが、いわゆるオーナー社長のように出資もするし会社の役員にも就任する人の場合、印鑑証明書は2通必要となりますので、必要部数を間違えないようにご準備ください。

次に、資本金額を決定し準備します。昨今は会社法による資本金規制が撤廃された影響で、資本金1円からでも会社を設立することができるようになっていますが、いざ資本金1円で会社を作っても、会社の資本金で名刺も作れず電車にも乗れない会社で、すぐに債務超過となりますから、あまりに少額の資本金はお勧めできません。軽貨物自動車運送事業は軽貨物自動車や営業所などの物的資産が必要となる事業ですので、新車なら150万とか中古車なら30万とか、これらを用意するのに必要な予算は、しっかりと確保したから会社を設立してください。

軽貨物運送業を営むための条件を整備します。軽貨物自動車を使った運送業ということになりますので、軽貨物自動車と車庫、任意保険、営業所などを確保します。

・軽トラック
・営業所
・車庫(車検証上の車両サイズより前後左右1m大きな面積が必要です)
・車検証
・任意保険