マスプロ配送のミスにつけこめ

大手宅配業者の仕分現場では、コンピュータによる作業支援が進んでいます。しかし、コンピュータは作業の効率を高める道具であって、作業の品質を高める道具ではありませんから、けっして100%完璧とは言い切れません。つまり、裏返すとその作業上には人手が入るプロセスでは、そのどこかで仕分けだとか届け先とったものの割り振りにミスが発生することがあります。

大阪行きの荷物が仙台に送られたら?

大都市ターミナルの仕分け工程では、例えば、大阪行きや福岡行き、仙台行きといったように、どんどん荷物がまとめられていきます。そして、だいたい100個くらいの荷物が揃ったらコンテナかごへ取りまとめるということをしています。このコンテナかごは、作業が進むごとに1本、2本と数えていきますが、これらが約18本揃ったら、ー台の大型トラックに積載して出発するのです。ところで、例えば仕分け担当者が大阪行きの荷物1個を、間違えて仙台行きの荷物に入れてしまったらどうなるでしょうか?大阪に配達されるべき荷物が、実際には仙台のターミナルに届けられててしまうということが起こります。もしこうした事態が発生したら、この間違えた荷物を一瞬でも早く大阪に届けなければなりません。

緊急事態の場合に、軽貨物運送業が力を発揮する

こういう、切羽詰った自分の会社のシステムに載らないような緊急事態の場合に、軽貨物運送業が力を発揮する場面となるのです。もし一個でも荷物が間違って紛れていたら、直行で正しい届け先へ届ける仕事が依頼されるのです。例えば、この仙台発大阪行きの仕事の場合、軽貨物自動車運送業がもらう運賃は大体14万円くらいです。もし仮に、同じ仕事を大手宅配業者が行ったら料金は1個約1000円ですが、軽貨物自動車運送業への報酬は14万円。大手宅配業者からしてみれば大赤字です。しかし大手の宅配業者はお互い厳しい競争をしていますから、お届け期日に指定どおり配送できないと信用問題となります。だから赤字を承知のうえで軽貨物運送業に仕事を依頼してくるのです。

大手宅配便業者のウラ仕事が軽貨物に回ってくる

以前も触れましたが、ヤマト運輸さんや佐川急便さんといった大手の宅配業者は、荷物1個を約1000円前後で運ぶなどと、軽貨物自動車運送事業からみると「極めて安い」運賃になっています。どうしてそんな低価格が可能になるのか?宅配便のビジネスモデルを少し説明してみましょう。

低価格を実現するハブ・アンド・スポークの仕組み

みなさんすっかりお馴染みとなった大手宅配業者は、お客様から荷物1個あたりで幾らという運賃設定で荷物を引き受けます。引き受けた荷物は一旦すべてペースとか主管支店と呼ぶ発送地側のターミナルに集めて、そのターミナルで配達先の方面ごとに仕分けるのです。仕分けされた荷物は、届け先が含まれる都道府県に設置されている到着地側のターミナルへ幹線輸送と呼ばれる大型のトラックで送られて、そのターミナルから配達エリアの各営業所へと送られる、いわゆるハブ・アンド・スポークの仕組みがあって、そのシステムを利用することで例えば東京から大阪までで1個1000円以下といった料金に設定することが可能になるのです。これは、日本全国にネットワークを張り巡らせた大手企業だからこそ実現できるものです。逆に1日に何百万個という荷物を取り扱うボリュームによって支えられているのです。

毎日何百万個にも上る荷物は完璧に届いているのか?

こういった大手宅配業者が取扱う毎日何百万個にも上るそれぞれの荷物は、当然ながらそれぞれ個別の届け先があるわけです。では、果たして、これらすべての荷物は個別にお客様から指定された届け先へ完璧に届いているのでしょうか?実際の答えはNOとしておきましょう。この現実を前に軽貨物運送業が大手宅配業者に食い込んでいる事情があるのです。

軽貨物運送のユニークな配達先~その2!

軽貨物運送業は自営業ですから、幅広く営業でクライアントを開拓していくと、自衛隊関連の仕事が発生することもあります。とはいっても自衛隊から直接依頼が来るわけではなく、自衛隊に各種部品を納入している民間企業から依頼を受けて、頼まれた指定の施設まで配達することがあるわけです。

意外なところにニーズあり!自衛隊へ走れ!

日本の民間企業でも、自衛隊を取引先にする企業が当然あります。関係者の間では「空の川重」とか「陸の三菱」などと言われていて、割とポピュラーです。その川崎重工は航空自衛隊への納品、三菱重工は陸上自衛隊へ納品する荷物を、便利で素早く、大手宅配業者には頼めないからという最も正当な理由で、軽貨物自動車運送に依頼してくることで、業界では知られていることなのです。例えば、岐阜県にある航空自衛隊の基地へ配達を頼まれたことがあります。

東京近郊から岐阜の航空自衛隊基地まで運んで運賃約7万円

このときの荷物は測定具で、真空ガラスの内にパチンコ玉のような金属球が自由に動くという形状をしていました。「精密な品物だから、とくに慎重に運んでほしい」と念を押されて運びました。荷物の大きさ自体はアタッシュケース状の容器で、手で持てる程度の十分軽いものでしたが、これを東京近郊で受け取って、航空自衛隊の岐阜基地まで軽トラックで約7時間走り運賃に約7万円いただきました。要するに「美味しい仕事」だったのです。

軽貨物自動車運送業をやっていたおかげで入場許可

他にも例を挙げると、宮城県の航空自衛隊松島基地で工事をする際に、やはり東京近郊から工事用の材料を配達したこともあります。このときも運賃は約7万円でした。一般的にこうした場所は厳重警備ですが、軽貨物自動車運送業をやっていたおかげで入場許可を受け、施設内で大手を振って歩けます。報酬も魅力的ですが、こうした普段は入れない場所のゲートを入るときはいい気持ちがするものですね!

軽貨物運送をやってるとユニークな配達先もある!

ときどき珍しい配達先を頼まれることがあります。これも軽貨物運送をやっていてユニークな人生経験ができる醍醐味であり、楽しみでもあります。いや仕事です!(笑)

軽貨物運送業で遭遇する”まさかの届け先”

軽貨物運送業をしていて”まさかの届け先”に遭遇することがあります。たとえば、「一般人お断り」とか「部外者立入禁止」などといった場所への荷物を配達する仕事です。それは、この道で10年以上も仕事をしていれば、日本中あちこちといろいろな場所へ行くことになるものです。例えば、何度も東京電力の福島県と新潟県にある原子力発電所へ配達に行ったことがあります。皆さん気になるであろう荷物の中身というのは、重金属が入った缶というものでした。また、よく似た缶を載せて、かつて臨界事故が発生させて大騒ぎになった茨城県東海村のJCOウラン燃料加工施設へ配達に行ったこともあります。その仕事のときは、まさか自分の仕事先がテレビでトップニュースとして映されるとは思いませんでした。

青森県の六ヶ所村は近未来都市

その他、原子力発電関係としては青森県の六ヶ所村にある処理施設にも仕事で行きました。東京からみると青森の六ヶ所村は田舎をイメージされると思いますが、実際の六ヶ所村はまったく違います。六ヶ所村には国から原子力行政を支える莫大な予算が投入されており、近未来都市のような風景は、その周辺とのギャップにただたた驚いてしまいました。

原子力関連の施設は警備が厳しいが守衛のチェックを受ける

頼まれた仕事で出掛けていったとはいえ、こういった原子力関連の施設は入囗ゲートでの守衛チェックが非常に厳しく、世界のどこかでテロが発生した後に行くと、当たり前ですが、物々しい警備で入囗を固めるようになったので、怖い気分を味わったこともありました。

軽貨物運送業は何と言っても効率が第一!

前回のように、スポットの個人のお客様を専門に配達する仕事というのは、いつ発生するか分からない不安定さと、小さな荷物を近距離に運ぶことの運賃の安さとで、軽貨物自動車運送事業の経営としてはビジネスになりません。人に優しい微笑ましい仕事は美しいですが、優しいだけでは事業は成り立たないのです。

優しさだけでは運送業の売上を産んではくれない

このような軽貨物運送仲間の廃業を次々と見てきた私は、彼らの正反対のやり方を採用することにしました。具体的には、個人客ではなく法人客をターゲットにし、小さな荷物を近距離に運ぶのではなく大きな荷物を遠距離に運ぶようにすることです。このように、中距離や長距離への配達依頼ばかりをしてくれる法人のお客様にターゲットを絞るようにすると、反対にいつも出入りしている顔馴染みの軽貨物運送屋さんということで、様々な運送ニーズが発生すると、すぐに電話をくれて相談されるようになったのです。いくら会社や法人といっても最終的に対応するのは人ということですね。これで高単価で安定した売上を計上できるようになりました。よく訊かれるのですが、この成功のコツというのは、いつの間にか仕事を受注する技術が自然と身につくようになった感じです。

個人のお客様も無碍に断らず新人に任せて運んでもらう

こうなると、もう目先の数千円の運賃で何とかいう個人客は、お客様には大変失礼かもしれませんが、もう相手にすることはありません。とはいえ、こうしたお客様も無碍に断ることはせず、自分を慕ってくる新人たちに任せて運んでもらうようにすれば、お客様も喜ぶし新人にも仕事を世話できるし、自分も紹介料が入るしで三方良しです。

軽トラックの運送業も1年間で1000万円の売上

一方、私は4万円~10万円の客単価レンジにターゲットを設定して法人顧客の案件獲得に集中します。なぜなら1年は365日あり、法人の顧客相手にI件10万円の配達を年間100回受注すれば、売上は1000万円になりますし、もしこれが200回なら2000万円となります。こうして計算ができるようになるのです。実際、この軽貨物での売上目標の達成は、中距離や長距離の配達を依頼してくれる企業の法人顧客を固定客として掴むことができれば、不可能な数字ではありません。傍からみて何をしているかよく分からないような軽トラックの運送業でも、1年間で1000万円以上を売上ているのです。

軽貨物自動車運送事業の経営戦略

軽貨物運送業を営んでいる人のなかに、「庶民のための軽貨物さん」「街の軽運送さん」といった風に呼ばれて、近所の個人客から好人物として親しまれている方がいます。こういう軽貨物運送業者は地域密着型であり、その経営スタイルを誇らしげに捉えがちです。人としてみると素晴らしいことで、こういった軽貨物運送業の運送屋さんは地元の人気者といったところです。

庶民のための軽貨物運送業は事業経営としてダメ

”庶民のための”軽貨物運送業者は、例えば若いママなどの個人客から依頼を受けて、ベビーペッドー個を少し離れた友人宅や親戚宅へ、だいたい1個4000円程度の料金で配達する、微笑ましい仕事をしています。人として素晴らしいですね。しかし、残念ながら事業経営としてみると、このスタイルで1日5万円を越えるの売上を達成することはどうやっても不可能でしょう。1日8時間の稼動で12件以上捌くことは物理的にできません。当然、業績はずっと低迷を続け、最終的には開業した後2回目の車検、つまり4年目を迎えられずに廃業する、という現実を沢山みてきました。

軽貨物運送の経営失敗や売上の不足は、自己責任

こういった人の良い方は、「お金を稼ぐ」という現実の課題から逃げていることがあり、その影響が家庭に及んで家庭の問題や、夫婦間が険悪なムードになってしまいがちだったりします。軽貨物運送に限らず自営業を続けたいのならば「庶民のための」という意識は捨てなくてはいけません。自営業の経営失敗や売上の不足は、自己責任で一蹴され誰も助けてくれないものです。現実の「自己責任」と「資本主義」の原則に則って、手堅くて高額な運賃を支払ってくれる法人客の集中した方が賢明です。

利益率の高い仕事に集中するのが経営戦略

もしこれがコンビニのバイトなら、1時間4000円は法外な報酬かもしれません。もしベビーベッドを積んで1時間走って4000円もらえるなら、むしろ軽貨物運送業も効率がいいようにも見えますが、業界の常識から見れば「クズ仕事」として笑われます。他の職業に比べてラクないい仕事が軽貨物運送業の最大の魅力ですからね。
確かにベビーベッドを近場に配達して4000円という仕事もありますが、その1時間が1日全体の動きを拘束する影響の方が大きいのです。自営業として長続きしたいなら、利益率の高い仕事に集中するのが経営戦略です。

助手席にのるような小さい荷物を運ぶだけで10万円Get!!

軽貨物運送業では、後ろの荷台にたくさんの荷物を最大積載量ギリギリまで積んで走ることがあります。方やその一方で、ほんの僅かな荷物を運ぶだけで10万円以上もらえるような仕事が舞い込んでくることもあるのです。

軽貨物運送の醍醐味

そういうときの荷台は空っぽで、ただ高速道路をスイスイ走っていくだけ。ドライブを楽しんでいるような感覚の仕事で、軽貨物運送の、ある意味醍醐味ともいえるでしょう。これは、某印刷会社からの依頼でした。電話が入ったので、依頼先の印刷会社に行ってみると、出てきたその会社の担当者は「コンビニで販売するのに使うおにぎり用の袋1万枚を、神戸にある食品工場へ至急配達してほしい。1メートル当たり1万円出す」と、私におにぎりのビニール袋が入った小さなダンボールー箱を手渡すのです。そのダンボール箱は、余裕で助手席に載るような大きさでした。

数千万円の損害に比べれば運賃の10万円は安いもの

この会社は、よほど切羽詰っていたのでしょう。「この袋がないとおにぎりが製造できなくなってしまって納品できない。もし納期を破ってしまったら、コンビニから取引停止になってしまう。そんなことになったら、ビニール袋を印刷する自分たちまで取引停止となってしまって、数千万円の損害が発生してしまうんです。それに比べれば運賃の10万円は安いものなんです。とにかく急いで持っていって欲しいんです」と懇願してきました。

軽トラックで東名高速と名神高速をドライブ感覚

だから担当者が「とにかく、ぜひ何とかして欲しい」と必死になるのは当然のことです。確かに荷物は軽いのですが、配達する責任は非常に重い仕事なのです。すかさず軽トラックに乗り込んで、ひたすら東名高速と名神高速を走り続けました。荷物は小さくて軽いですから、クルマは軽快に走ってくれます。ドライブのような感覚です。しかも、たったこれだけの仕事で10万円が入ってくるのですから、配達している最中は楽しかったものです。

印刷会社は軽貨物の優良潜在顧客

なお、こういった印刷物は、いわゆるフィルム(ポリプロピレン=PPともいう)と言われるもので、今回のように「おにぎり」などの食品のパッケージに使われたりするものです。他にも、特殊印刷とか、グラビア印刷などを特徴にした様々な商品があり、納期が厳しいことでも有名ですから、優良潜在顧客として印刷会社は大きなポテンシャルがあるといえます。

キミは軽運送業の弁当配達が天国へ一番近いと知っているか?

仕出し弁当ビジネスをご存じでしょうか?最近の流行言葉では「ケータリング」事業などとも呼ばれていますが、これをしている事業者のビジネスは、主として冠婚葬祭をはじめとし、会社や業界団体などの会議などにも、お弁当やビュッフェを供給したりしています。

軽運送屋にとってケータリング事業者は大切なお客様

じつは、このケータリング事業をしている事業者は、軽貨物運送業にとって大切なお客様である業種のひとつです。なぜならば、仕出し弁当は弁当や食事の量が多く、まとまった量を届ける必要があり、売上・利益ともに大きい収益面で非常に大きく貢献してくれる有難い業種なのです。したがって、一回受注すると、運賃が高めである軽貨物運送を使っても十分に採算がとれるので、コストよりも利便性を優先して使ってくれる会社さんなら長いおつき合いをお願いすることも可能となります。お客様である仕出し弁当屋さんにしてみれば、弁当を注文したお客様から入る金額は決まっているので、個数建てベースで運賃が決まる仕組みの大手宅配便よりも、個数で運賃が上がることなく、距離制で運賃を計算する軽貨物の方が喜んでいただけるのです。したがって、一回の受注で軽運送屋に何ヶ所も配達を任せるケータリング業者の場合なら、軽貨物運送業に対して貸切料金となる1車1万8000円を払っても儲かるそうです。つまり、こういう流通業態をもつ事業者ならば、ソロバンが合えば軽運送のトラックを1日貸切にして使ってくれます。

軽貨物で寿司が屋からイベント会場へ直行。そこは天国へ一番近いか?

とはいえ仕出し弁当の仕事は、急に依頼が入ることも多く、受注にもムラが出やすいというデメリットがあることを留意しなければなりません。例えば、よくある人気メニューのひとつに「握り寿司」があります。握り寿司のネタは生ものですから、突然仕出しのために在庫を常時用意しておくことはできません。そこで、ほとんどのケータリング業者は、近くの寿司店に作ってもらった握り寿司を、依頼先にそのまま流す外注方式を採用しているのです。この方式の場合、軽貨物運送屋へは、仕出し業者から「○○の寿司屋で大きな寿司桶を1個預かって、そのまま会社の会議室へ直送してくれ」といった依頼が来るのです。届け先はオフィスやイベント会場など様々になりですが、そのうちのひとつに葬儀場ということもあります。これこそが「天国に一番近い弁当配達」(笑)ということです。

接待ゴルフが軽貨物運送業のビジネスチャンス

前回は、毎年夏になると林間学校へ出掛ける学校行事の運送のお話をしました。もちろん軽貨物運送ならではという美味しい仕事はあります。とうぜん「諭吉」さん単位です(笑)その美味しい仕事のひとつがゴルフに関連する運送です。

接待ゴルフは軽貨物でゴルフバッグを運んだ方がリーズナブル

「ゴルフ」「運送」と聞けば、いまや誰でもヤマト運輸の「ゴルフ宅急便」のことを想起するのではないでしょうか。あれは便利ですよね~大きなゴルフバッグを自宅からゴルフ場まで、また帰りもゴルフ場から自宅まで、往復で運んでくれる便利なサービスです。しかし、ゴルフ宅急便では、荷主さんもお届け先も同一人物だから便利で、重い荷物を持たなくてすむというわけですが、これが「接待ゴルフ」になると話は別です。なぜならば、接待ゴルフに参加するメンバーの面々というのは、「接待する側」と「接待される側」との両方がいるからです。もちろん接待する側は、万が一の事故があってはいけないと取り乱れ、接待される側の人だけでなく「ゴルフバッグの運搬」にも気を使うものです。この接待ゴルフですが、会社の重役クラスになるとゴルフバッグを会社内に全員分一括して保管している場合があったります。こういった会社の場合はゴルフ宅急便でバラバラに送るよりも、軽貨物運送業に電話一本するだけの方が便利なのです。なにしろ電話するだけなのですから!

接待ゴルフ専門の輊貨物運送業者もいる

じつは接待ゴルフを狙って専門にしている輊貨物の業者もいます。こういう人たちは、ゴルフ場の支配人やフロントの担当者へ、菓子折持参で営業をかけているのです。ゴルフ場サイドもお客様あっての商売ですから、そこはよくしたもので、会員の企業が満足して再来してもらえるように、スマートに彼らに仕事を回してくれるのです。
この場合の仕事は、土曜や日曜の午後にゴルフ場でゴルフバッグを預かって、月曜など平日に会社まで配達するという簡単なものです。ポイントは、会社の営業日に運ぶことで顧客満足を実現していることです。ゴルフでこういう使い方をしてくれる法人のお客様は、よく仕事の依頼をくれてリピートしてくれますから、美味しいお客様になっていきます。こういった例も、軽貨物運送業の便利さを知っていて、上手く活用している例といえるでしょう。軽貨物には身近なところに大きな需要を創造する機会があるのです。

夏はお金をもらって避暑地でリゾート気分♪

毎年、学校が夏休みに入る前になると、ある学校からいつも必ず同じ依頼が入ります。その軽貨物運送への「運送依頼」というのが、ほとんど「遊び」ではないか?と思うような内容なのです。もちろん仕事ですよ!

軽貨物運送業は避暑地の合宿所へ運ぶのが仕事

その学校、中学校ですが、毎年の学校行事で林間学校をします。場所も決まっていて、毎年群馬県の片品村から尾瀬に行くのです。軽貨物運送業の仕事に関わる部分というのは、そこで使うキャンプファイヤーの資材や、出し物で使う大道具・小道具などの物品、それから放送機材などです。これを学校で積んで、尾瀬にある林間学校の宿まで配達するというものです。よく考えてみれば、大手の宅配便では断られてしまい、一般貨物の普通トラックでは運賃が高すぎてしまうような荷物です。まさに軽貨物運送業がぴったりという訳で、要するに、お金をもらって片品村まで配達し、届け先の合宿所に荷物を降ろしたらお仕事はおしまい。仕事が終わったあとは、東京の喧騒を離れ、涼しいリゾート地の尾瀬で避暑を満喫するだけになるというわけです。

フライヤーを作ってDMを送り営業電話を掛ける

さらに、この仕事が美味しいのは、尾瀬から学校までの帰りの持ち帰り配達までがセットだということです。そこでもし仕事が立て込んでいなければ、帰りまでの間、尾瀬の少し離れたところで滞在することにしています。相手は学校ですからなんといっても運賃を取りっぱぐれる不安もありません。こんなときには「俺はサラリーマンにならなくて良かったぁ!」と思わず叫んでしまいます(笑)。私はこの案件があったことから、もしや他の学校にも林間学校があるのではないか?と考えて、フライヤーを作って他校へダイレクトメールを送付し、営業電話を掛けてみました。そうすると、なんと翌年から別の学校も仕事を依頼してきました。チラシには、実際の配達時の荷台積載写真を掲載していたので、一発でイメージが伝って大きな反響に結びつきました。

軽貨物運送の同業が誰も知らない需要

東京や一都三県の学校では、林間学校に長野県、新潟県、福島県、山形県といったところへ行くところが多く、この場合の運賃はだいたい片道3万~8万円位でした。もちろん帰りの分も頼まれれば往復ですから、売上は倍になります。なお、軽貨物運送の同業に学校の仕事の話をすると驚きます。だれも知らない需要だからです。このように眠っているニーズはまだまだあるものだと痛感しますね。

宅配便で送ることができない荷物でも軽貨物運送ならOK

ヤマト運輸や佐川急便、あるいは郵便局のゆうパック(小包)など、宅配ビジネスが浸透して一般的になりました。このあまりに普及して人々が「当たり前」だと思っているところにビジネスチャンスがあります。

お客様の気持ちに沿って考えることが、軽貨物運送ビジネスの成功を導き出す

例えば、宅配便で送ることができない荷物はいかがでしょうか?本当に慎重な取扱いが要求される「特別なこわれもの」の荷物とか「普通に梱包するのが難しい」荷物というのは、宅配便で送るのにリスクを感じたり、宅配便会社から断れてしまう、いわゆる「訳あり荷物」に当たります。しかし、だからといって荷物を運ばないわけにはいけません。ある意味では、そうした荷物だからこそ、荷主さんはなんとかして届け先へ無事に届けたいと考えるものではないでしょうか?そうしたお客様の気持ちに沿って考えることが、ビジネスの成功を導き出すのです。

運送業者に出したその日に相手先に届けたいなら

もちろん、前提として「時間がないから」「急いでいるから」というのが、軽運送運送業へのニーズではありますが、その背景にある最大の理由を考えてサービスを広げることにこそ、取引の機会が眠っている違いありません。もし宅配便で送ることを考えれば、預けた荷物が実際に届け先に配達されるのは、どんなに早くても翌日になります。あるいは、もし「運送業者に出したその日のうちに、相手先まで確実に届けたい」と考えるなら、直接運送するサービスを使うしか方法がないのです。

直接届け先へまっすぐ運んでくれる軽運送業者に頼みたい

だからこそ、他の荷主の荷物と混載しないで、お客様の荷物だけを積載して直接届け先へまっすぐ運んでくれる軽運送業者に依頼したいとお客様は考えるようになるのです。ここに、軽運送業ビジネスの存在意義があるのです。実際に、軽貨物運送の現場ではこのようなニーズが非常に高く、日々その対応で動いているのです。

軽貨物運送の宅配便とは差別化された価値について

軽貨物運送は宅配便と何が違うのでしょうか?これは、軽貨物ビジネスが、大手宅配便とはどんな価値が違うのか?というバリューの問題です。

軽貨物運送業は当日配達に最大の価値がある!

宅配便は、株式を上場するような大手の会社が手かげていて信用はあるし、万が一のときの保険もしっかりしているし、何より運賃が安いです。では、軽貨物運送業は何が強みなのでしょうか?それは、当日中に荷物を届けることができるということです。当日中に配達できるというサービスは、10倍以上の金額差になるほど価値があるということなのです。例えば、ある日の夜8時に東京の会社から大阪の会社へ翌朝8時必着で荷物を運びたいとなると、軽運送しか頼めません。この場合、お客様は運賃をいくら支払うのでしょうか?「宅配便が700円くらいだから、きっと1個1000円くらいだろう」と思うかもしれません。答えは約6万円が普通です。当日着の運賃同様なのです。なぜならば、物流ターミナルを通さずに、かつ他の荷物と混載することなく、この荷物だけを運ぶことになるからです。

「非常に大切な荷物」を大手宅配便業者に頼めない

反対に、あるいは到着時間が指定されていなかったら、あるいはいつもの得意先へ送るそう急ぐ必要のない荷物だったとしたら、荷主であるお客様は、翌日着で1個700円の大手宅配便業者を選ぶでしょう。
またまた、もしこれが「非常に大切な荷物」だったとしたら?大手の宅配便は便利で安価ですが、もしこの「非常に大切な荷物」を他の荷物と混載して、万が一壊れてしまうようなことがあったらいけないという心配もあります。ビジネス上の重要な物よっては、「壊してしまっては取り返しがつかない」ということもありますから、宅配便会社の方が先回りして荷物の引受けを断わるような場合もあります。だからこそ、「本当にデリケートな壊れもの」とか「梱包がやっかいで難しいもの」は、たとえ大手でも宅配便で送ることができないのです。

軽貨物運送業の日々は楽しいエピソードでいっぱいです!

「こんにちは~。軽○○便で~す!」。「はい、ご苦労さまです~」

このようにして、軽貨物運送業のお客様である皆さんは、宅配便の荷物を受け取っていることと思います。ごくありふれた、日本中のどこでも見られる日常的な風景となりました。少し古いデータですが、平成15年度の宅配便取扱個数は28億(!)389万個もあって、前年度と比べると3%の増加です(国土交通省)。

ヤマト運輸の「宅急便」と佐川急便で7割

事業者毎にみていくと、上位10社で全体の99.8%を占めていて、さらにヤマト運輸の「宅急便」や、佐川急便の大手宅配便プレーヤー2社が7割近くを占めている業界です。大手の宅配便会社は、それぞれの会社ごとに集めた荷物を、一旦地域ごとにある大きな集配ターミナルのにまとめて大型のトラックに積み直し、そこから別の地域に点在するターミナルに向けて運んだ後に、再度普通トラックや軽貨物自動車、最近ではリヤカーやカートまで使って各配送先に届けるのです。この宅配便の運賃は、数百円~せいぜい1000円程度くらいです。廃止が決まったメール便では、非信書しか送れませんが、100円を下回る値段で翌日あるいは翌々日に、相手先へ届く仕組みができています。この集配送体制は、素晴らしいシステムと言えるでしょう。

大手の宅配便業者とはビジネスモデルがまったく違う

他方、独立した個人事業主や中小企業である軽貨物運送業者は、荷主様から運ぶ荷物を受け取ると、そのまますぐにお届け先へ直行します。当然、こちらの方が早いです。これはどういうことかというと、スピードこそが大手にはない強みだということです。要するに、大手の宅配便業者や運送会社とは、荷物の運び方から料金までビジネスモデルがまったく違っているのです。それを、会社の規模だけ比べて良いとか悪いとかいうのは意味がありません。なぜなら「まったく違うから」です。

軽貨物運送なら宅配便の運賃の60倍でも通用する

例えば、たとえ小さな荷物だとしても、「大至急運んでくれますか?」と頼まれたその1個を、東京で預かって名古屋へ配達するとしたら、運賃はお客様からいくら払っていただけると思われますか?正解は、おおよそ6万円(!)くらいでしょう。驚きましたか?
宅配便で送ると、せいぜい1個1000円くらいしかいただけないものが、軽貨物運送で運んで欲しいと言われれば、宅配便の運賃の60倍でも通用するのです。同じようなものを、同じような手段で、同じようにサービスしたとしても、60倍もの価値の違いがあるのです。これは、まさにもう違うビジネスと言っていいでしょう。

軽貨物運送業はだれでもできる運び屋さん

軽貨物自動車を使った黒ナンバーの運送業「軽貨物運送事業」について、さまざまな角度からみてきました。とりわけ、いわゆる運転免許と呼ばれ成人なら誰でも持っている、第一種普通自動車運転免許があれば、他に資格は一切いらず、なにか新しい資格や試験にチャレンジするわけではなく、これだけで十分だという身近さと、小さくて安くて便利な軽貨物自動車があれば、あとは各都道府県にある運輸支局で「貨物軽自動車運送事業経営届出」という手続きをして、軽自動車検査協会で黒ナンバーを発行してもらい即日開業できる!というスピードが、なんといっても魅力です。

すぐにビジネスが立ち上がるのは軽貨物運送の魅力

運送業といえば、プロの運転手の世界という高い敷居を感じる人もいらっしゃるようですが、軽貨物運送は小さな軽自動車が商売道具ですから、誰でも簡単にスイスイ乗り回すことができて、運転や仕事に慣れてすぐにバリバリ仕事ができるのも魅力です。考えてみれば当たり前のことですが、このすぐにビジネスが立ち上がるというのは、意外と大きな魅力です。

利用運送や倉庫業の許認可で競合より一歩先に

その他、実際に商売として動くときには、便利な21世紀の最新ツールを色々と導入すれば、余計な苦労や回り道を防ぐことができ、仕事の効率が上がって一石二鳥であることも多いです。ぜひ積極的に導入しましょう。
まずそれは、カーナビゲーション・システムです。いわゆるカーナビですが、荷主さんから預かった荷物を知らない届け先に届ける仕事ですから、まったく初めての道や土地に向かわなくてはなりません。これは新人もベテランも同じ確率、同じことです。そこで、道を知らない人でも、カーナビが出す指示通りに走れさえすれば、自動的に届け先へ到着してしまうツールですから、利用しない手はありません。最近のカーナビは性能が上がって、渋滞を回避できるようになっていますから、カーナビの導入は収入に直接反映する飛び道具といっていいでしょう。
飛び道具といえば、携帯電話も必須アイテムです。最近の携帯はガラケーからスマホに急速に進化していますので、スマホorタブレットがあればナビもいらなくなりつつあるくらいです。ただ、非常に電池を消耗しますので、AC電源をつながないとナビとして使用するのは難しく、いまの段階では、電話とナビとで役割を分けた方がいいでしょう。
それ以外にも、仕事が多いときのために別の許認可(例えば、倉庫業の登録や、利用運送事業の登録など)の軽運送業以外の許認可事業も押さえておくと競合より一歩先にいけます。

”走る社長”で独立起業するまでのロード

軽貨物運送業の多くは、基本的にひとりひとりが独立している個人事業主の自営業者が多いです。つまり、脱サラなどで独立開業した後に社長になったわけで、いわゆる”走る社長”です。

軽貨物運送ビジネスで独立起業するための条件とは

そうしたら、その”走る社長”になるためには、必要な条件をひとつずつ見える化してみるとどうなりますでしょうか。

第一種普通自動車運転免許+軽貨物自動車+携帯電話+貨物軽自動車運送事業経営届出の許認可+カーナビゲーション+梱包・積込み・荷降ろしといったノウハウ+営業=”走る社長”

このいくつかの条件のなかに、軽貨物運送業で成功するための要素が洩れなく全て含まれているといっても言いすぎではありません。それぞれの各項目について、もう少し説明をしていきましょう。

・第一種普通自動車運転免許・・・開業するために必要な資格はこれだけです。いまの時代は成人なら誰でも取得している運転免許です。独立起業に当たって新しいことにチャレンジするわけではありませんから心配は要りません。

・軽貨物自動車・・・軽自動車のなかでも、荷物がたくさんつめる貨物用のワンボックスやトラックなどです。4人乗れるタイプの車両もありますので、ビジネス/プライベートで兼用ができます。それに軽自動車ですから小回りが利き、誰でも簡単に運転することができます。

・携帯電話・・・いまの時代なら中学生だって持っているような普及品です。スマホ時代になってナビを兼ねることもできるようになってきていますね。

貨物軽自動車運送事業経営届出・・・いわゆる運送業を始めるための許認可で、黒ナンバー(営業ナンバー)を取得するために必要。必要書類を用意して手続き後にナンバープレートを黄色から黒に変更します。運輸支局は毎日混雑しているので、事前にしっかり準備をしていって早くに許認可手続きを終えるのがスムーズに事業を開始するためのポイント。

・カーナビゲーション・・・他所の土地の知らない道を走る場合でも、カーナビの指示の通りに走っていけば、荷物の届け先へきちんと着く時代です。

・梱包・・・積込み・荷降ろしといったノウハウ・・・小さな荷物をたくさん積んで走る軽運送業は、荷物の積み降ろしや出し入れの効率がポイントです。先入後出法が基本ですが、それ以外にも実践でアレンジされるノウハウがあります。

・営業・・・お届けする荷物と一緒にチラシを配りましょう。お届け先に荷物を手渡すのですから、そのときにチラシを添えればいいのです。もし開業したてでヒマな時間があるなら、営業所近くの企業にポスティングしてまわりましょう。

こんな人は軽運送業の仕事が向いている

もし今あなたが会社にお勤めしていて、例えばデスクワークの仕事だったとします。すると、向かいの机や両サイドに同僚や上司がいるのは当たり前ですし、朝の始業時間から夜の退社時間までの長時間、それなりのコミュニケーションとかつき合いも発生するのが現実です。
 しかし、広い社会を見渡すと、こういう煩わしい関わり合いを嫌らう人もなかにはいるものです。もしあなたが、そういうタイプの人だとしたら、軽貨物運送の仕事の方が向いています!と断言してもいいでしょう。軽貨物運送業の仕事では、他人と接して話さなければいけないのは、自動車を走らせているほとんどの時間ではなく、車を停めている方の短い時間のうち、さらに「荷物を積みこむ」時と、「荷物を降ろしている」時くらいです。

荷物を運ぶ運送の仕事では、他人と会話することは少ない

 こういった荷物を運ぶ運送の仕事では、他人と会話することの頻度や時間は少ない職業となりますから「じつは人と話すのが苦手なんだよ」という人には最適な仕事といえるのです。また、営業所や店舗を持たないビジネスですから、お客様と顔を合わせるような時間は圧倒的に少ないので、接客によるストレスを感じるようなことは限りなく少ない職種といえるでしょう。もしあなたがお客様相手の対面販売とか、外回り営業やデスクワークなどで、対人関係で上手くできなかった人だとしたら、まさにそういう人にこそ向いている仕事といえます。

軽運送業の運転席は自分だけのスペース

軽運送業の仕事場でもある運転席は、誰にも邪魔されたり、話しかけられたりしない”自分だけのスペース”です。しっかり荷物を運んでいれば、あなたが何をしていても他人から文句を言われることはありません。いい意味で「運転席は俺の城」なのです。もし車載のテレビやビデオを載せていれば、急いで家まで帰らなかったとしても、好きな場所にクルマを停めて、野球やサッカー、映画を楽しむことができますし、もちろん食事だってとれます。もし疲れたら、エアコンをかけ快適に仮眠をとることだって可能なのです。

いまの時代は運転席で事務処理ができる

仕事用の車両である軽貨物自動車は、もちろん運送以外の仕事に使うこともできます。お客様との応対も、携帯電話にヘッドセットを活用すれば十分可能ですし、もし月末近くになったら、伝票や書類、ノートパソコンなどの事務用品一式を助手席に積んでおいて、すきま時間に事務処理を運転席でこなすことが可能なのです。

営業所へ荷物を持ち込めば運賃は安くなるか?

結論からいうと、来訪を希望するお客様は軽貨物運送をご利用くださるお客様全体からすると、ごくごく少数ですから軽運送業を始めるには店舗のような営業所はなしでも十分なのです。自宅での開業でOKですし、むしろぴったりなビジネスといえるでしょう。

荷物が小さくて軽いからラクラク

軽貨物運送業の実際としては、荷主であるお客様と約束した時間に荷物を届けるという「運転」に関わる業務の他にも、荷主様の荷物を「積む」「運ぶ」「降ろす」というそれぞれの段階も、とても大切な仕事です。例えば、軽貨物の独立希望者のなかには「運転するのは大丈夫だけど、荷物の積み降ろしは腰がちょっと・・・」と言って、躊躇する年配の方とか女性の人がまれにいらっしゃいます。しかし、これも軽貨物自動車運送業ならば、運ぶための自動車がそもそも小さいので、「積んだり」「運んだり」「降ろしたり」する作業が、いちいち荷台に乗ったり降りたりする必要がある普通トラックに比べれば楽なのは間違いないです。なぜなら軽貨物のクルマに積める荷物の数や重さには、おのずとそれなりの限界があるからです。大きめの荷物といってもリアゲートを上げれば手が届く大きさですから、大型トラックのように長尺物やクレーンで積み下ろしするものを積載するようなことはありませんし、だいたい大きすぎるとか、重すぎたりする荷物ならば、そもそも軽貨物自動車の荷室には積めず、荷主さんも一般貨物の運送会社へ行きますから、荷物の大きさや重さもおのずと決まってくるということです。

カーナビに届け先の住所を設定すればOK

ときどき、自動車の運転に慣れないという人のなかに「道路をよく知らないから」とか、「クルマで走りながら、届け先を探すのは無理」などといって不安を口にする人もいますが、12世紀の現代は、もうカーナビの時代ですからまったく心配要りません。大丈夫です。荷物の伝票を見て、ナビに届け先の住所を画面タッチで入力して設定すれば、あとはナビが荷物の届け先へと誘導してくれますから、後はあなたがクルマを走らせて目的地に向かうだけでOKです。だいたい私たちがプロといっても、すべての道や場所を知っているわけではないのです。いい時代になりました。

人つき合いが下手な人でもOKです

軽貨物運送業の仕事場は運転室です。個室です。ですから、荷物を運んでで走っている間は、自分ひとりきりで運転席にいる時間です。暑い真夏でも寒い真冬でも、エアコンをつけて窓ガラスは閉めて走ります。そんな毎日が、運転席で自分ひとりマイペースで過ごすことができる仕事が軽貨物運送です。ですから、人づき合いの苦手な人でも仕事に支障がでることはありません。自分の働きたいだけ働けばいいのです。

軽トラックの運送ビジネスは自宅開業にぴったりな仕事です!

軽運送業は、基本無店舗だし在庫も無しでいける一番身近なサービス業だということは、分かっていただけたでしょうか?ガッテンガッテン!

やっぱり営業所とか店舗とかを用意した方がいい?

それなのに、いまでも時たま「もしかしたら、来店したいというお客様がいるかもしれないから、やっぱり営業所とか店舗とかを用意した方がいいんじゃないでしょうか?」と質問されることがありますね。それに対して、私がいつも答える内容というのは、「お客様は来ません」というものです。

軽貨物運送は携帯電話と転送電話があれば大丈夫

よく考えてみてください。大手宅配便以外で、軽トラックに載せる荷物を運ぶ軽貨物なのですから、お客様は宅配便に頼みたかったらコンビニへ行くし、大きな一般貨物のトラックが必要なのは、せいぜい引越しのときくらいです。あとは、イケアとかホームセンターで大きな買い物をしたようなときになってはじめて「自分で運べない荷物を運んで欲しい」という需要が生まれるのです。だから、軽貨物運送業は携帯電話を持ちながら、普段は一般電話を転送することで、充分に対応が可能なんです。これでお分かりいただけましたでしょうか。
 

軽貨物運送業の実際は自分の方で荷物を引取りに行く

つまり、軽貨物運送業の実際というのは、お客様が運んで欲しい荷物の置いてある指定する場所へ、業者の自分の方で荷物を引取りにお伺いして、その荷物を梱包を確認してから軽貨物車に載せて、きちんと運賃をいただいて(ここ重要)、それからお客様あるいは荷主さんが指定したお届け先へ向かって走っていって配達して完了する。という具合なんです。むしろ、問題というか心配になるのは、荷主が荷物を「持ち込みたい」と言って、来訪しようとする場合ということです。

お客様の代わりに走って届けるのが軽貨物運送業

確かにこういう場合はあります。だからこそ、これから開業する初めての未経験者の場合は、こうした場合を気にして営業所が必要では?と悩んでしまう訳ですが、「急いでほしい」とか「自分の仕事が忙しいから代わって届けてもらいたい」というお客様のご希望で、お客様の代わりに走って届けるのが軽貨物運送業なのです。お客様である荷主自身が忙しい訳ですから、いちいち営業所に来訪したがる人はほとんど皆無に等しいのは簡単に想像できるでしょう。

軽貨物運送業に自動車(トラック)は初年度登録から3年以内の車令制限はありますか?

かつての旧運輸省(現在の国土交通省)は、トラック等を使用する貨物運送事業全般に対して、「初年度登録から3年以内の車に限って営業ナンバーの付与を認める」(新車として登録してナンバープレートが付いてから3年以内)という「車令制限」を設定していました。つまり、一般のクルマに比べて走行頻度の高い営業車両に「古すぎる車を使用するのは認めない」と中古車に一定の制限を課していたのです。

軽貨物運送業の新規開業で一番お金が掛かるのが車両コスト

しかし、自動車技術の発達による性能の向上と規制緩和が進んだおかげで、軽運送業で使用する軽貨物自動車に関しても、車令制限は撤廃されました。したがって、登録上の制限から無理にFCへ入会する方法でなく、100%自分の収入になる自己開業を選びたい人でも中古車で十分に始められるようになったのです。軽貨物運送業を新規に開業する場合に、最もお金が掛かるのは車両コストです。その一番お金が掛かるところを格安の中古車で安く済ませることができれば、余裕資金が残りますのでそれを運転資金に回せば、金銭的に余裕ができるばかりか精神的な余裕もできて一挙両得という訳です。このように、一時的な目先の損得だけでなく、中長期的なプラスを考えて行動することが経営者に求められることです。

事務所や営業所なんてなくてもいい

軽貨物運送業では、お客様の求めに応じて、お客様の代わりに荷物を運送(配達)するサービス業ですから、商品を仕入れることがありませんし、在庫を置いておくこともありません。また、荷物を出発地から配達地に運ぶ仕事ですから、利用するのは公道でサービスを行う拠点だとか商品を置いておくスペースを用意する必要もないのです。これがもし、どこかにお店を借りるということになると、保証金や礼金を用意しなくてはなりませんし、毎月の家賃はもちろん水道光熱費なども負担することになります。これが無店舗でもできるのですからそのコスト負担の差は大きいのです。

配達受付の電話担当ぐらい必要?

このように軽貨物自動車を使う運送業では、その事業規模から「来客を想定して店舗スタッフを配置する」といったことはしなくていいのです。実際に走って荷物を届けるスタッフ以外で人件費を払うことはコスト以外の何ものでもありません。しかし、配達受付の電話担当ぐらい必要ではないか?と考える人もいるでしょう。でも、わざわざスタッフを雇って電話番をさせなくても大丈夫です。一般電話の番号を代表番号にしておき出先の携帯電話へ転送したり、直接受注専用の携帯電話番号を公開する人もいます。要は、お客様からの連絡が繋がればいいのです。これで電話番にかかる人件費もゼロにできます。

軽運送業の資格は普通自動車免許だけで十分

軽運送業はなぜ成立するのか?なぜ意外なほど儲かるのか!これまで書いてきた記事で少しは見えてきたのではないかと思います。では、次にどうしたら軽貨物運送業の商売を始められるのか?について説明しす。

18歳人口のうち7割近くが普通運転免許を持っている

社会にたくさんある様々な資格のうち、一番多くの人が持っている資格あるいは免許のが、クルマを運転する普通自動車運転免許(普免)です。18歳以上で取得可能となる国民のうち7割近くが普通運転免許を持っているのだとか!近所のおばちゃんだって、若い女子大生だって、地方に住むお年寄りだって持っていますので、すでに”国民全員運転免許時代”と言われているのも頷けるというものです。全国どこにでも主婦がヴィッツやフィット、マーチで買い物に出かける姿が見られます。軽貨物運送業で使う軽自動車は、軽貨物車といってそれらの車より更にひと回り小さいクルマなのです。

軽運送業はだれでも出来る万人向きの仕事

軽貨物運送業は、誰でも運転できる小さな軽自動車が唯一の商売道具といえます。しかも、運転するのに必要な運転免許はすでに持っているわけですから、その運転免許が商売開始の即戦力になってくれるというわけです。つまり、新しい資格取得を目指す時間だとか労力などはまったく不要というわけで、軽運送業はだれでも出来る万人向き、誰にでも向いている仕事だといえるでしょう。

軽運送業者になれた!おまけに軽は運転がラク

輊トラックは、車幅や全長が普通車に比べて短い分、狭い道での対向車とのすれ違いとか、路地でのターンなど運転操作がぐんと楽ですいすい進みます。仕事柄から、届け先へ到着したらクルマを停めるのが条件ですが、大きい車よりも小さい車の方が停めておく場所を探すにも困りません。またそれに車を停める定位置ヘハンドルを切るのもラクラクです。だから誰でも簡単でOKです。

中古の軽貨物自動車で格安開業を目指そう

軽運送業のビジネスでは、フランチャイズを展開している会社がよく知られています。少し事情を知った人だと、軽貨物車の新車を買わなければ新規参入できない業界だと考えている人もいるようですが、結論からいうと、貨物軽自動車運送業経営届出をして営業ナンバーを取得するにあたっては、新車の購入というのは開業申請者に対して国土交通大臣が黒ナンバーを与えるかどうかの条件ではありません。フランチャイズ入会方式で新規開業する場合に、ただFC本部の都合で新車開業のみとされているだけなのです。したがってFCに入会せず自己開業をするならば、中古車でも問題なく開業が可能です。中古車でも立派に営業ナンバーが取得できるのです。

牛乳会社集団食中毒事件の舞台裏

皆さんもご記憶にあると思います。その運送の業務は数年前に起きた○○乳業集団食中毒事件に関連して発生しました。黄色ブドウ球菌の混入で大事件となった牛乳会社さんのトラブルのフォローが、軽貨物運送業で取扱ったということになります。

牛乳会社加盟店の脱退不安から軽貨物運送業に発注

トラブルが発生した牛乳会社では、加盟店の脱退不安がおこりました。事件の直後から○○牛乳からの客離れが発生し看板をかかげる街の加盟牛乳店から「○○印を脱退したい」というオーナーの声が次々と上がっていた時のことです。本社からみれば、「いまもし加盟店にやめられたら、販売チャネル自体が消えてしまう。これは死活問題だ」ということからくる判断と推測されます。「なんとしても加盟店の脱退を食い止めなくては」ということになり、急遽加盟店向けのお詫び文書が作られることになったようです。

数時問内に何百という数の加盟牛乳店に書類を配達する

マスコミは、そうしている最中でも牛乳会社本社の対応批判を続けし、事態はますます追いつめられた切迫した雰囲気となりました。このため「宅配便で翌日着なんて言ってられない」と、お詫び文書の印刷が出来次第、数時問内に何百という数の加盟牛乳店に書類を配達完了するという、緊急プロジェクトが実行されました。「いくら掛かってもかまわないから!」○○乳業の担当課から、そのとき携帯電話に「軽運送屋さん急ぎで運んでよ!」と業務依頼が入ったのでした。「いくら掛かってもかまわないから、とにかく一刻も早く何とかしてよ!」。

急送での納入費用は二の次、三の次

担当者の焦る様子が電話の向こうから手に取るように分かったmので、やはり業務上のトラブル対応では担当者の逃げ場がない、ということなのです。絶対に何とかしなければいけない、という窮地の場合には、急送での納入費用は二の次、三の次となります。お客様の方から「いくら掛かってもかまわない」と言ってくれるのですから、必死な法人ほど美味しいお客様といっては言い過ぎになるでしょうか。

必死な法人客には、何とかしてみますよ

そういった、追いつめられた状況にあるお客様に対しては「何とかしてみますよ」とささやいて誘導します。すると、こういったお客様は「ぜひお願いします」とすり寄ってくるものです。こうした荷主との成約を巡る駆け引きを頭にたたき込んでおけば、軽運送業の業界において”事業の成功率”は、ぐんとアップすることでしょう!
○○印事件によって「お詫び文書の急送」という配送仕事があったのは事実です。ですから、あの事件は忌まわしい出来事というより、よい仕事の思い出ということです。もちろん、いつもビッグニュースの舞台裏ばかりではありませんので、周囲への目配りを怠らないことです。普段の日常生活で起こるさまざまなトラブルを見つけることとか、トラブルを抱えて困っている人から自分宛に連絡が入るよう、チャネルを開いておくことが人切なのです。

たとえ亠運賃が100倍でも頼む荷主はいる!

軽貨物運送業者にとって、お客様つまり発注者である荷主というのは、トラブルが起きたときに最悪のケースを想定し、直納でかかる運賃との金額をテンビンにかけて考えます。すると、荷主からみて顧客をこれ以上怒らせたらまずいとなりますから、いくら運賃がかかってもかまわないから何とかしたい!というニーズが発生するのです。

必死な荷物は、運賃が高くても早く顧客の指定先に届けたい

このように”必死な荷物”のケースにあたる場合には、たとえ運賃が高かったとしてても、いち早く顧客の指定先に届けることによってトラブルを鎮めたいという切迫した事情の方が強いので、依頼者は荷物1個当たり換算での運賃コストなどを理由に断りはしないのです。例えば、宅配便なら1000円程度の運賃で送れる荷物が、軽貨物運送が直行で走って届ける場合だと10万円と約100倍もの運賃です!それでも、法人客の担当者は「お願いします」と言い出します。なぜなら、彼らにはそれ以上に解決すべきトラブルを抱えているからで、積載効率が悪くて高い運賃を承知の上であえて依頼するお客さんがいる本当の理由はこれなのです。日本の商慣行として、受注した側には「納期を厳守しなければならない」「信用や将来の取引見込みを重視する」という傾向があります。この商慣行を破っては取引先から干されてしまう。それを嫌うのです。

高速道路を長距離走る軽トラック運送業の謎を明かしましょう

軽貨物運送業に転がり込んでくる訳あり荷物の正体について、少し事情が見えてきたかと思いますが、例えば、クロネコヤマトの10トントラックが高速道路を走っているのをよく見かけることは皆さんもあるでしょう。しかし家に配達に来るクロネコヤマトの小さい方のトラックは高速では見かけません。しかし赤帽をはじめ街中で見かける軽トラックは、なぜか高速をスイスイ走っています。ヤマト運輸の小さい方のトラックは高速を走っていないのに、軽トラックの運送業は高速道路で見かける。どうして?と疑問に思った人も多いでしょう。例えば、東京の自宅から大阪の親戚の家まで、荷物を宅配便で運賃1個700円程度で運んでもらうことはよくあります。これと同じように東京から大阪まで軽トラックの軽貨物運送業に頼むとどうなるでしょうか?
 東京から大阪までの走行距離は約500km。軽トラックの燃費が1リッター当たり10キロ走って往復で100リットルとすれば、約1万円のガソリン代がかかります。この他に往復の高速料金が約1万7000円かかります。つまり、軽トラで大阪まで行って東京へ帰ってくるだけで、人件費以外に約2万7000円のコストがかかるわけです。従って軽貨物の運送屋が東京~大阪間を配達する仕事は1個1000円では成り立ちませんが、しかし東名高速道路で軽トラックを見かけるのも事実で、ということは、宅配便よりもはるかに高い運賃を承知の上で、軽運送業を使いたい顧客がいるということです。それが高速道路をかっ飛んで走るあの軽トラックがその証しなのです。

顧客トラブルへの対応は軽貨物運送での直送が一番!

ビジネスの現場では、どんなにしっかりした仕組みを構築していても、マイナーな顧客トラブルは発生してしまうものです。それは、同じ商品・サービスを販売側と購入側が正反対の立場から見ているわけですから、たとえ同じ日本語を話す日本人であっても、イメージしている期待が異なるからです。

いざトラブルが発生してしまったときには、緊急対応が一番の最善策

もしトラブルが発生してしまった場合には、企業は緊急対応を迫られることになりますが、このトラブルを解決するには、改めて直接完全品をお届けするのが最善策です。こういう場合に、小回りが利き非常にスピーディな軽貨物運送業が最適なのです。また、こうしたケース以外にもさまざまな事例がありますけれども、共通点はやはり時間上の制約を含めて「宅配便では送れない何らか理由があること」なんです!さらに加えて「ほかに方法がなくて困っている!」ということです。

宅配便でない直行、直送、直納便によって、納入所要時間(走行時間)を短縮する

 ほとんどの場合で、仕事を受注した側がトラブルに追いつめられている状態で、もし早めにこのトラブルを解決しなければ、発注元である得意先や顧客からのクレームや苦情を呼ぶことになるでしょう。そのまま放置すればさらなる重大事態を引き起こし責任問題が発生してしまうこと必定です。それは、下請業者が納期を守れず、取引先工場の製造ラインを止めてしまうようなことになったら、大騒動になることは間違いありません。取引先からはペナルティーや取引停止にされても仕方のないところです。よくあるメーカの下請業者などの失敗パターンを挙げてみますと、

・自社への納入業者からの材料搬入が遅れた
・製造ラインがこわれて納期が過ぎた
・発注ミスに気づいたが、もう遅くて手遅れになってしまっている

こういったトラブルが発生すると「トラブルで失われた時間を取り戻さなければいけない、という切羽詰まったニーズ」が発生します。しかしながら製造時間を短縮して時間を取り戻すことには限界があります。なぜならば、ただでさえトラブルになっていて失敗が許されない状態に加えて、短時間で製造したりすると粗悪品が出来上がることに繋がるからです。そうすると、あとは宅配便でない直行、直送、直納便によって、納入所要時間(走行時間)を短縮するしかないことになります。こうしてメーカの下請業者は、とにかく一番早く届けられる方法を選ぶことに成り、「やむを得ずだが、軽貨物運送業者に頼もう」とい考えるのです。

宅配便で送れない荷物は標準化された基準に合致しない

軽貨物運送業に持ち込まれる荷物にはどんなものがあるのでしょうか?普通ならコンビニでも頼める宅配便を利用しそうなものです。それが出来ないのだから、できない事情が色々とありそうです。

お客様が宅配便で「申し訳ありませんが運べません」と断られる

 まず「宅配便で送れない」という荷物は、宅配便の大手企業が設定している標準化された荷物の基準サイズに合致しないことが多いのです。ですから、普通では送りにくい荷物といえるでしょう。お客様が宅配便の受付で「申し訳ありませんが運べません」と断られ、頼ってくるのが軽貨物運送ということです。こうした荷物はいくつかに分類ができます。

宅配便のように混載ができないと軽貨物の出番

まず、構造上の理由で梱包しづらい荷物があります。大型の建築模型などデリケートなものです。粉状が袋づめされている荷物も破れる可能性がありますので、宅配便のように他のお客様の荷物と混ぜて運ぶ「混載」ができません。
つぎに、宅配便には重量制限もあります。1個250キロの金型や1台300キロオーバーの自販機などは、仮に1個口でも重すぎるため宅配便で送れません。他に、熱を持つラミネートされた食品パッケージも、他の荷物を傷める恐れがあるので混載できません。こうした荷物に需要があるのは想像できますね?

宅配便で間に合わない軽貨物利用

もうひとつ軽貨物を利用していただける大きな理由は「宅配便で間に合わない」という状況です。こういうことは意外とたくさんあります。

・納期がぎりぎりの場合
・宅配便の集荷締め切り時問を過ぎた荷物
・宅配便で送りにくい事情がある荷物
・宅配便約款の保険金額を超える荷物
・誤配達(届け先を間違えて、正しい届け先へ再配達しなければならない)
・積み残し(荷物の重量オーバーで全部積めなかった)
・積み忘れ出発(定期便を追いかけて配達なければならない)
・追加発注(押し込み販売によるコンビニやスーパーへの納入)
・時間が制限される場合でかつ届け先が多すぎる
・ユーザーから指摘された発注もれや配送もれ(営業担当者がクレーム対応で焦っている場合)
・梱包がうまくできない持ち主の荷物
・システムや通信復旧に必要な物品(特にATM、金融機関系オンライン関連・電話局での交換機故障など緊急事態)
・流通システム変更直後のトラブルフォロー

1回1車の運送行為において軽トラックなら19個

運送料金が高くてもいいから頼みたいというお客さんは大勢います。それが街で軽運送業の軽トラックを見かける理由です。なぜなら、重大な事情を抱えた理由のあるの荷物ならば話が別だからです。

軽トラックと2トントラックでは何個ずつ積めますか?

1斗缶(18kg入り)を積むのに、軽トラックと2トントラックでは何個ずつ積めますか?運送行為が1回1車の場合において、軽トラックなら19個まで積めます。2トントラックなら111個まで積載可能です。荷主が運送業者に支払う運賃の金額がほぼ同額だとしたら。どちらがお得かは火を見るよりも明らかです。
 軽貨物自動車の積載効率は、その限られたボディサイズが理由でお世辞にもいいとは言えません。したがって「軽トラック運送業の配達料金は安いか?高いか?」と聞かれたら、ほとんどの場合の反応は「高い」「割高である」となってしまいます。基本的に翌日配達の宅配便と比べたらなおさらそうなります。

お客様が軽運送に持ち込んでくる荷物は千差万別

 軽貨物が普通トラック運送業よりも高いというのは、あくまでも1個当たり換算でみた運賃をコストとして考えればの話です。それよりも、1個当たりの運賃コストよりも重視され、最終的に優先される事情とは何でしょうか?と問われたらイメージがわきますでしょうか?それは、ハンデを抱えた荷物が美味しい仕事ということです。つまり、一番簡単な答えは、とにかく急いでいるから今すぐ運んでほしいというものです。分かりますよね?宅配便では明日になってしまうのです。特急便でも午後とかです。そうではなくて「今すぐ」運んで欲しいという事情が「よくあります」。このように、お客様が軽運送に持ち込んでくる荷物は千差万別ですし、それぞれの特性のようなものがあります。

自社トラックと軽運送の違いとは?

自社トラックの営業車というのは、商品を積んで運ぶだけのため、それだけではお金になりません。しかし、軽貨物運送のトラックなら商品を積んで運ぶだけでお金になります。なぜならば立派な運送業だからです。

だれでもできる軽運送業の運び屋さんビジネス

でもさあ、大型トラックの運送屋より、街で見かける軽運送業の車はかなり小さいぞ。あんなオモチヤみたいなクルマで運送屋が成立するなんて、どう考えてもおかしくないか?とはいっても、でも確かに目の前の道路で走っているし。そういえば高速道路でも走っているのを見たぞ。一体どうしてなのか?そんなあなたは素朴な疑問が沸いたでしょう。では、タネ明かしをしましょう。

なぜ軽自動車で運送業が成立するのか?

いきなり算数の問題ですみませんが、なかに18キログラム入っている1斗缶は、2トントラックと軽トラックとでは、それぞれ何個積めますか?
答は、2トントラックなら111個まで、軽トラックなら19個まで積めるのが正解です。もちろん、これは車種やメーカーにもよって多少変わりますが、軽トラックは道路運送車両法上の最大積載重は350キロですから、この1斗缶を20個積むことにすれば、18キロ×20個=360キロとなります。これでは過積載となり違法になってしまいますから許されません。従って2トントラックと軽トラックはどっちかお得なのか?といえば、2トントラックでは18kg入りの1斗缶111個のところ、軽トラック19個でもし、運賃が同額なら2トントラックが有利になりそうですが、一回一車なら話が変わりますね。

軽運送業は会社と違って営業ノルマで同僚と比較されない

会社勤めの営業でセールスカーを走らせる場合、会社からは数字で管理され、朝出掛けていって夕方社へ戻れば、営業ノルマの棒グラフで同僚や上司、部下と比較されて、もし成績が悪かったらボーナスや給料に反映されたりすることもあるでしょう。それは走ることそのものが本業ではないからです。

軽運送業は立派な運送業の一種である

ルートセールスや飛び込み営業に比べて、りっぱな運送業の一種である軽貨物運送業は、荷主から配達先へ走ることそのものが仕事です。つまり、荷物を引取場所で引き取り、走って運び、着地へ届けて、配送先へ渡して終了ですから、走るだけでカネになる仕事なのです。

軽貨物自動車だったれっきとした政府登録の運送事業

トラック運送業といえば、「三菱・キャンター」や「いすゞ・エルフ」のような2トントラック~20トン以上の大型トレーラートラックまで、大きなトラックで行っているのが一般的ですが、これらに対して、軽貨物自動車運送業はエンジン排気量が660CC以下の軽自動車に限定された運送業といえます。最近ではバイク便もそうです。これは、立派な国土交通省の陸運支局へ届出た許認可事業なのです。しかも、条件さえ揃えば誰でもこの軽貨物ビジネスに参入できます。許認可事業と聞くと開業するのが難しいのではないか?というイメージがつきまといますが、じつは普通トラックの運送業に比べて敷居ルが低くとても簡単です。しかも頑張ったぶんの見返りはすべて自分のものになるわけですから、やる気も起きるというものですね。

軽貨物運送業とは?

軽貨物運送業とは、
1.お客様の求めに応じて、
2.有償で、運送行為という無形サービスを提供し、
3.その対価として、お客様から「運賃」をもらい受ける、

ビジネスです。
もっと簡単にひと言で、分かりやすく言えば、シンプルに、

走れば”お金になるビジネスです

いいですか。”走る”だけでお金になるんです。クルマを走らせればが”カネ”になる。ここのところがポイントです。なぜなのか?例えば、世間にはお客様の荷物を積んで走っているクルマはたくさんあるものです。メーカー営業マンのワゴンや、酒屋さんの配送トラックなどがそうです。これらの車というのは、毎日お得意先への納品だとか、法人営業の行き来などで走り回っているのです。しかし、ただ走っているだけでは、売上げや利益になるわけではありません。

配達してもらうお金は運賃ではない

確かに、酒屋さんの自社配送トラックというのは、お得意先の飲食店や飲み屋・バー・スナック・キャバクラ等に、ビールに日本酒や焼酎、ウィスキー、ブランデーといったさまざまに細分化された商品を配達するために走っていますが、でもよくよく考えてみると、配達してもらうお金は運賃ではなく、ビールに日本酒や焼酎、ウィスキー、ブランデーという物品販売の商品販売価格のなかから利益を確保しているに過ぎません。例えばビールのように利幅が小さい商品の場合、荷物を届けるからといってものすごく儲かっているかといえばそうでもないのです。また、この手のドライバーは営業部ですから、セールスマンも兼ねています。例えば、御用聞きで真面目に1日中クルマを走らせたとしても、受注がいつもより下回れば叱られてしまいます。

軽貨物運送業は、誰でもできる運び屋ビジネス

軽貨物運送を開業するには国土交通省の許認可が必要。といっても軽運送業の開業は特別難しいものではありません。軽貨物自動車に携帯電話と普通免許があれば、ほとんどの人は書類はプロの新日本総合事務所に頼んで、明日からでも商売が始めることができます!軽貨物運送業界のしくみはこうなっているのです。

軽貨物運送っていったい何だ?

近頃、街で黒地に黄色い数字のナンバープレート、いわゆる”黒ナンバー”の営業ナンバーが付いた軽自動車をよく見かけませんか?共通するのは軽自動車で黒ナンバーというだけで、実際に走っている車種は軽トラックやワンボックスカーの形状が多く、近づいて中を覗いてみると、狭い荷物室には大小さまざまりな荷物が、色とりどりに積んであります。

黒地に黄色の独特のナンバープレートは、軽貨物運送事業専用

一般に運送業界や物流会社にくわしい人以外には、いったい何をしているのかよく分からない存在かもしれません。では何をしているのでしょうか?貨物室にあるのは、もちろんお客様から預かって送付先に届ける最中の荷物であり、黒地に黄色の独特のナンバープレートは、軽貨物運送事業専用の営業ナンバーというわけです。つまり、軽貨物自動車を使った運送屋さんというのがその正体です。クルマは小さいですが、運べるものなら何でも運びますし、お客様の荷物を運んだ仕事で見返りとして、貨物運送の運賃をもらうビジネスなのです。日本の膨大な物流産業を支える運送ビジネスの一種ともいうことができるでしょう。

名古屋で起きた軽急便爆破事件を覚えていますか?

愛知県の名古屋市で、2003年に起きた軽急便爆破事件を覚えていらっしゃいますでしょうか?あの事件で火を放った犯人は、軽貨物のFC(フランチャイズ)に加盟して、開業したばかりの新人さんでした。当時の報道によれば、「3ヵ月分の運賃収入として、合計25万円の支払い」をめぐって、FC本部とトラブルになっていたとのことだそうです。

軽貨物FCでは、以前からシステムの問題が指摘されていた

軽貨物運送業では、FCの募集広告やシステムは、以前から問題が指摘され、ネットの掲示板やホームページでもちらほら見られていたところでしたが、この事件はそうした不満が一気に噴出して表面化したものでしょう。軽貨物のFCは、全国に展開されていますので、表面化したのは軽貨物運送業全体の氷山の一角と思われます。

自己開業ならFC加盟金不要、車も10万~30万円の中古軽トラックでOK

未経験でもOKだからと、新人がFC方式に加盟して開業する場合、当初の月収は一般的に15万円~25万円程度といわれています。ここから、FC本部指定の新車を含む軽貨物自動車関係の諸費用ローンが引かれ、FCフランチャイズ費用が控除されるのですから、実際の収入はさらに減るのが現実といえます。ここではFCに頼らない「自己開業」を中心に述べます。自己開業ならFCへの加盟金も不要、だた唯一必要な商売道具の車も10万~30万円の中古軽トラックでいいのですから、わざわざリスクを背負ってスタートしたりせず、軽貨物運送業が開業できます。

軽貨物運送業開業直後は勝手をわからず無我夢中!

軽貨物を開業した直後は、仕事の勝手が分からなくてとにかく無我夢中でしたが、時間が経つにつれて少しずつお客様を獲得するコツのようなものをつかんだと思います。長らく続く不況下で軽貨物運送業が扱う荷物量全体も以前ほどの勢いはないものの、コンスタントに売上をキープすることに成功しており、平成14年から昨年までの10年間の平均年収は1200万円を超えています。それに加えて独立を決意した理由は、高収入に加えて、自営業であることで「自由」なことがなんといっても大きな魅力でした。

軽貨物運送を開業してみたら、まるで気楽なドライブ状態

実際に軽貨物運送を開業してみたら、お客様からの運送依頼で車でひと走りするだけであって、基本的には行きも帰りもひとりですから、誰から干渉されることもなく、まるで気楽なドライブ状態です。おまけに休みをとるのも自分でコントロールすることが可能ですから、もし荷物の配送先近くに観光地があれば、配達完了と同時に休憩してオフタイムにしたっていいのです。

軽運送業はオフィスや立派な店舗が不要!

それに肝心の仕事の内容はといえば、軽トラックでの運送の仕事をあらためて説明する必要もないでしょう。お客様から来た運送依頼の電話に応えて荷物を受取って、指示された届け先へ車で走っていって渡せばいいだけです。複雑で悩んでしまうような難しいことはありません。この軽運送業というのは、オフィスや立派な店舗をかまえることなしに、普通運転免許と軽貨物自動車さえあれば、あとは貨物軽自動車運送事業経営届出書を申請するだけで開業できる事業なのです。独立や起業を考えている人にはおすすめです。

軽運送業は転職や独立を考えている人に最適です

独立して起業したい。若者から働き盛りの中高年をも問わず、会社勤めのサラリーマンに起業したい人が増えています。
バブル崩壊から長く続いているデフレ不況に加えて、給与がなかなか上がらないリストラへの不安は、会社の居心地をますます悪くさせてしまいました。これで現在のポジションにいても、将来どんな仕事や生活が実現できるのか、不安なのも当然です。
私も、かつてサラリーマンだけには絶対なりたくないと考えていました。父親は上場企業の社員でしたが、毎日夜遅い帰宅に加えて、家計にお金を入れようとしないところもおかしいと思っていました。息子からみても仕事がばりばりできるというよりは、むしろ会社のグチばかりこぼすので、うっとおしい存在にしか過ぎなかったのです。
しかし、その後一度就職したタクシー会社での経験が、その後の「自営業人生」のきっかけになるのですから、人生分からないとしか言いようがありません。私は、荷物も積むことができるワゴンタクシーの配車担当になり、「至急パソコンー台、遠いけど岐阜まで!」などといった、企業からの依頼が意外に多いことを知って、「荷物を直送で届けることができる軽運送なら、独立していけるのでは?」と考えたのです。
そして会社を「卒業」後、黒ナンバーを取得した私は貨物軽自動車運送事業者として開業しました。荷主からの依頼が引きも切らず、仕事に困ることもなくて、翌年の売り上げは700万円。翌々年には年商1200万円で、初めて年収が1000万円を超えました。

軽貨物運送業のマナー

軽貨物運送業のマナー

 

軽貨物運送業はただ荷主から届け先に荷物を運べばいいというものではありません。以前に書いたように、接客業でもあるのです。

お客様から気持ちよく荷物と送料を受け取り、届け先に届ける時もできるだけ良い感じを与えることが大切です。

服装も大切です。フランチャイズの場合は、決まったユニフォームが支給されます。独自で起業した時は、それらしい作業着を揃えましょう。

特に届け先に伺う時は、相手はピンポン一つでドアを開けるわけですから、きちんとした作業着を着ている事は、信頼を得る上で大切です。

当たり前の事ですが、荷物の扱いは丁寧に行いましょう。お客様はこちらが思う以上にこちらの作業のやり方を見ているものです。

荷主さんの所に集荷に行った時は、必ず、ただ‘〇〇運送です’と言うだけではなく、‘こんにちは’程度で構いませんから、何か挨拶の言葉を付けましょう。世間話の一つもできればいいですね。野球が好きだとか、サッカーが好きだとか、釣りが好きだとか、相手の趣味を把握しておくと、会話がしやすいでしょう。

必ず、‘またお願いします’の言葉は忘れてはいけません。

服装は、清潔を心がけましょう。特に夏は、汗臭さに気を付けましょう。

また、たばこを吸う人は、たばこのにおいにも気を付けましょう。吸わない人には相手のたばこの匂いは、とても気になるものです。

そして、何より大切なのは、笑顔です。笑顔はあなたの存在感を倍増してくれます。

宅急便を下支えする軽貨物運送業

宅急便を下支えする軽貨物運送業

 

この何十年間の世の中で、宅急便の出現は、まさにITや携帯電話などと並んで、急速に現れ、あっと言う間に定着したものの一つだと言えるのではないでしょうか。

それまでの郵便や郵便貨物に対して、物流が格段という言葉で言いつくせないほど、進化したのです。

企業や個人の所に集荷しに来てくれて、素早く確実に送り先に届く、これは一昔前には考えられなかったことです。

そして、軽貨物輸送業は、この宅急便を下支えしている存在です。

特に近年はITの発達により、ネット販売が急速に一般化しています。そんなに大きくない荷物が、正確に素早く指定通りに届くのは、軽貨物運送の存在抜きにはあり得ません。

大手の宅急便会社、クロネコヤマト、佐川急便などでも、軽自動車で運べるような荷物は、軽貨物運送業者に下請けに出している事が多いのが現状です。

大手の宅急便会社に入社するのと、自ら軽貨物運輸業で独立起業するのには、どのような違いがあるのでしょうか。

後者の場合、自分のペースで仕事ができます。報酬は決まった額の給料ではなく、自分の頑張り次第でいくらでも伸ばす事ができます。営業を頑張って顧客を増やせば、人を雇うなど事業として拡大していくことも夢ではありません。

そこまでの自信のない人には、フランチャイズに加盟するという方法もあります。この場合、加盟料や実費はかかりますが、仕事を確実に保証してくれますし、当初のトレーニングを受け、仕事のノウハウをゼロから教えてもらうことができます。

大手の宅急便会社の下請けになれれば、ブランド力もものを言います。

普通免許さえ持っていれば、これからますます需要の増える仕事と言えるでしょう。

利用運送事業の登録とは

利用運送事業の登録とは

 

どんな業種でもそうですが、一人で独立・起業した場合の大きな問題は、事故や病気などで自分が動けなくなると代わりがきかない、補完ができない、という点です。体調を崩した、また、軽貨物自動車運送業の場合、車が故障した、というような事があった時に、仕事ができなくなる、という事です。

また、自分の車で運べない大きさの仕事がきた、という場合も考えられます。

そんな時の対応を考えておくことが大切です。

言い換えれば、自分が動けない時、自分が運べない荷物だった時に、誰かほかの人や業者に代わりに行ってもらう、という事です。

同業の仲間がいればよいでしょう。しかし、誰もいない時、どうしましょう。そんな時は、フランチャイズ系の業者を利用すればよいでしょう。

「今日は仕事ができません」「こんな大きな荷物は運べません」「量が多すぎて無理です」、こんな言い訳は、顧客には通じません。そこで仕事を一つ、失ってしまいます。それを避けるために、その時は利益ゼロでも、他業者に譲りましょう。

ただし、自分は運送しないで外注に出す時、「利用運送(第1種)」の登録が必要となります。

これを取らずに外注してしまうと、もしもの時の賠償責任を外注先が負う事になってしまいます。すなわち、顧客が契約もしていない会社に賠償してもらうのです。

当然、運賃(利益)も顧客が外注先に支払う事になります。

利用運送登録は軽貨物事業より要件が高く、費用もそれなりにかかります。

外注先と意思の疎通がうまくいっていれば、利用運送の登録がなくとも、支払いなどはごまかす事ができるでしょう。

この制度のいい所は、顧客にとって、窓口一つで何でも頼めるということがあります。つまり、軽自動車では運べないあの荷物もやってもらおうか、というような場合が出で来るのです。

横のつながりの規模や顧客数が増えれば、ネットワークを構成し、利用運送事業のコントロールセンターとして仕事が発展するかもしれません。

さらには、人を雇って複数車両で行う軽貨物事業への発展も考えられます。

貨物軽自動車運送事業の実務

貨物軽自動車運送事業の実務

 

貨物軽自動車運送事業を実際に経営していく上で、いくつか大切な事があります。

 

まずは、基本ルート作りです。

仕事が取れたと言っても、営業所から何時間もかかる荷主様の所へ集荷に行き、そこからまた何時間もかかる届け先へ配達していては、ガソリン代と労力だけがかかり、差し引きの利益は上がらないどころか、損をする事になりかねません。

 

一番いいのは、営業所の近くに、お得意様を一つ、確保して、基本ルートを作る事です。この基本ルートができれば、朝集荷、昼お届けが可能になります。社内便など相手先によっては、「戻り便」と言って、昼お届けの時に、次の荷物を集荷して、戻ってお届け、という、非常に効率のいい仕事ができる可能性もあります。

その基本ルートを元に、その近所から取引先を開拓していきましょう。仕事の地域範囲をあまり広げないよう気を付ける事が大切なのです。対費用効果を重視するのは、経営の基本です。

 

とにかくおいしいのは、社内便の仕事です。一つの会社の支社、支店間の荷物や書類の運送の仕事が取れれば、基本収益が確保できます。大手の場合、自社で輸送手段を持っていたり、すでに決まった業者がある事が多いので、ここは中小企業を狙いましょう。営業所付近のホームページのある企業で、荷物や書類の搬送の需要がありそうな所を、丁寧に探しましょう。

そして、営業の所で述べたように、当たって砕けろで営業に出かけましょう。

 

繰り返しますが、仕事が欲しいからと言って、距離を考えずに引き受けていてはいけないのです。ルートが分散すると、時間に追われ、無駄にガソリンを使い、収益は上がらない、という結果になる事を、肝に銘じてください。

貨物軽自動車運送事業を営む上でのマナー

以前に、貨物軽自動車運送事業の営業は、コミュニケーション能力とビジネスマナー、やる気を感じさせるバイタリティーのアピールだと書きましたが、これはどんな業種の仕事にも言える事です。他の職業で営業ができなかった人は、その辺をよく考えてみましょう。他の仕事でうまくいかなかったから、貨物軽自動車運送事業で独立できるほど世の中、甘くはありません。むしろ一人で全てやらなくてはいけないのですから、負担とハードルは高くなると覚悟してください。

 

次は、実際の仕事の現場でのマナーについて考えてみましょう。

貨物軽自動車運送事業はよく、人と接しないで荷物を運ぶだけだから、人間関係を築くのが苦手な自分でもできる、と考えている人がいますが、大間違いです。

荷主さんも受取人さんも、お客様です。荷主さんから荷物を預かり、受取人さんの元へ運ぶ、そこには当然、コミュニケーションが生まれます。その時の感じ、態度、マナーが良ければ、荷主さんはまた仕事を発注してくれるでしょう。貨物軽自動車運送事業は接客業でもあるのです。

相手の目をちゃんと見て、和やかな雰囲気で荷受けする事が大切です。世間話の一つも出来ないようでは、いい感じを与えられません。

 

また、最低限のマナーとして、時間厳守。メール便の書類などは届けなくてはいけない時間が決まっている事もありますから、気を付けましょう。交通渋滞などでどうしても遅れてしまいそうな時は、当然、連絡を入れ、謝罪とともに到着予定時刻を伝えましょう。そんな時の言葉づかいも大切です。

軽視しがちなのが、身だしなみ。汚れていたり汗ばんでいたりすると、自分では仕事をしている、という実感があるかもしれませんが、お客様は不快に思うだけです。

 

お客様の荷物は大切に扱いましょう。荷物を乱暴に扱う、足で押す、メール便を折ってしまう、など、お客様はあなたが思う以上によく見ています。

フランチャイズ加盟について

脱サラ、独立して、貨物軽自動車運送事業を始める方法として、個人で始めるのではなく、フランチャイズに加盟する、という選択もあります。

 

具体的に書きましょう。

全国軽自動車運送連合(通称・全軽連)という、会員7千人を擁するフランチャイズでは、まずそのフランチャイズ会員になるのに、初期費用として、56万5千円を払う必要があります。内訳は、入会金・50万円、諸費用・6万5千円(内訳/互助会費・年間5千円/取引先倒産保障制度・年間2万円/積載貨物保障制度・年間2万円/配送業務貨物セット~台車、名刺、ゴム印、領収書、請求書、懐中電灯、配送プレート・開業時2万円)。

それ以外に、月会費・1万5238円を支払います。

それに対し、フランチャイズ運営側がしてくれるのは、荷主となる企業への営業と、そこで得られた契約の、会員への紹介です。一度、紹介してもらい契約すれば、それは直接契約で、その後の運送料の支払いは荷主の企業と会員の間で直接なされます。

つまり、会員は初期費用と月会費以外は、仕事をした分がすべて自分の収益となるわけです。

また、運送業のノウハウの教育も行ってくれます。

オプショナル料金となりますが、開業の手続き、つまり貨物軽自動車運送事業届出などの手続きもやってくれます。

同じフランチャイズでも、在庫を抱えがちなコンビニ、料理の技術者の必要な飲食店と違い、必要なのは運転免許証と軽自動車だけですから、フランチャイズ・ビジネスとしてはリスクが少ないと言えるでしょう。

 

しかし、フランチャイズ・ビジネスなりの危険性もある事を忘れてはいけません。そもそも基本的にフランチャイズ・ビジネスと言うのは、「本部が看板とノウハウを加盟会員に提供し、リスクは加盟会員が負う」というものなのです。実際にフランチャイズ本部が実働してくれるわけではないのです。本部は加盟料、保証金、ロイヤリティーで儲かります。してくれるのは宣伝、営業、ブランド力向上と維持、会員教育のみです。他業種も含めて、会員へのノルマの締め付け、統制が厳しい場合もあると言います。

 

自分がどう働くかでうまく利用できる点が、フランチャイズ・ビジネスのいい所です。逆に言えば、その自分次第という点で、貨物軽自動車運送事業の場合、営業、宣伝力を自分が持っていれば、あるいは自信があれば、フランチャイズに頼る必要はないのです。

 

貨物軽自動車運送事業の営業と宣伝―2

貨物軽自動車運送事業の営業と宣伝―2

 

貨物軽自動車運送事業で独立開業して、まず必要になってくる事は、運転能力でも、荷物を運ぶ力量でもありません。

営業活動です。

 

どの業種も、いわゆる営業職に必要な能力は、コミュニケーション能力と、ビジネス・マナー、そして情熱です。自社の商品やサービスを相手に印象付け、契約まで待ちこむには、練り上げられ、かつ臨機応変な営業トークと、ビジネス・マンとしての基礎ともいえる基本的マナー、そして相手の心を動かす熱い情熱なのです。

軽貨物事業は、荷物を運ぶ仕事だから、人と話をしないで済む、と思っている人がよくいますが、それはとんでもない誤解です。営業に始まり、日々の荷主さんからの集荷、お客様へのお届け、きちんとしたコミュニケーションと、基本的なマナーが欠かせないのです。

 

特に最低限のマナーとして、時間厳守が挙げられます。約束の時間に遅れそうな時の事前連絡、到着予定時刻の伝達は、貨物軽自動車運送事業には欠かせません。

荷主も受取人も「お客様」なのです。気を付けべきマナーはおのずと分かるでしょう。要するにお客様に好印象を与えられるかどうかです。相手に不快感を与えない態度や言葉遣い、まじめさ、信頼感をどれだけ印象付けられるかです。服装も、汚れていれば自分としては仕事をしている感じがするかもしれませんが、特に夏などは清潔であるよう心がけましょう。

 

それらの基本ができていれば、あと熱意、バイタリティーです。あの人はどんな小さな仕事でもきちんとやってくれる、という印象を与えられれば、成功です・

 

貨物軽自動車運送事業の営業と宣伝

貨物軽自動車運送事業の営業と宣伝

 

さて、届出も終わり車の用意もでき、仕事を獲得する営業活動、宣伝活動が始まります。

前回、述べたように、貨物軽自動車運送事業でも、普通の会社と同じように営業活動をしなくてはなりません。個人で起業したなら、売り上げは自分の営業力次第となります。

営業トークを練り上げ、自社のメリットを強調するのが、営業の基本です。

 

相手にとっての自社のメリットを考えておきましょう。近くだから、依頼があればすぐ集荷に駆け付けられる、大手宅急便と違い、その日のうちに届けられる、などです。運び先地域、頻度、運べる荷物の種類、運送代を即答できるように準備しておきましょう。今はパソコンで簡単なチラシや資料はすぐ作れます。ただ、名刺だけは、裏に事業許可番号と賠償保険の保険会社名を印刷し、表に屋号(〇〇運送、など)や会社名を入れ、自分の名前には必ず「代表」と付け、自宅であれ会社のものであれ電話番号と携帯電話番号を入れた、きちんとしたものを、印刷所で作りましょう。手作りの名刺では、あまり信頼感が感じられないからです。

 

軽貨物運送の営業の場合、事前アポイントを取ろうとしても、ほとんど断られるでしょう。コンスタントに荷物を発送している会社は、大体、すでにどこかの運送会社と契約しているものです。思い切って「突然、申し訳ありません」と名刺、自社の資料(料金表など)を片手に、飛び込み営業してみましょう。自宅、あるいは営業所(車の置き場)の近くから始めます。もちろん、事前のリサーチ、つまりどういう会社でどんな荷物を日々、発送しているかのリサーチは必要です。そのうえで、当たって砕けろ精神で飛び込めば、中小零細企業などは意外と話を聞いてくれます。

 

もし、頼んでみようと言ってくれる会社があったら、契約を急がず、「とりあえず1週間、私の仕事ぶりを見てください。そのうえでお話を進めさせてください」と言いましょう。これは相手に好印象を与えるだけでなく、こちらとしてもコストに見合う仕事なのか試す事ができるのです。1週間の試用期間でお互い納得出来たら、定期契約を結びましょう。

 

宣伝もきめ細かく行いましょう。学生さんの引っ越しなどは、軽自動車で運べますし、世の中、どこに需要があるか分かりませんから、チラシを作り、近隣に配布してみましょう。

また、会社年鑑などを見て、近くで、荷物の発送をしてくれそうな会社に、チラシをDMのように送ってみましょう。

 

次回も、営業活動について述べます。

脱サラ、起業に有利な貨物軽自動車運送事業

脱サラ、起業に有利な貨物軽自動車運送事業

 

脱サラして独立起業する時、貨物軽自動車運送事業は比較的、始めやすい事業と言えるでしょう。成人男性のほとんどが持っている運転免許証と軽自動車1台で始められるからです。初期投資がきわめて安いのです。初期投資が少なくて済むという事は、銀行から借金したりの煩雑さやリスクがないという事ですし、万が一、失敗してもダメージが少ないという事でもあります。

 

まずは軽自動車を用意します。車の選び方は、最初は軽貨物ワンボックス、いわゆる軽バンが良いでしょう。運送業としては、普通はアルミの軽バンが一般的ですが、買い替える時や撤退する時の換金の事を考えると、4人乗れる自家使用しやすい普通の軽バンにしたほうが無難です。

貨物軽自動車運送事業届出をして開業する時の事になりますが、車の看板は、屋号を印刷したマグネットのシートを両ドアとテールゲートに貼るようにしましょう。塗装プリントしてしまうと、やはり売る時に塗り替えの費用がかかってしまうからです。

軽自動車で重さのある荷物を運ぶわけですから、車にはかなりな負担がかかります。オイル交換は5000キロごとに行いましょう。タイヤやブレーキパッドの減りも早いので、こまめに交換しましょう。かかりつけの整備工場を作ると良いでしょう。

 

さて、届出も済んで、車も用意できました。次にする事は、営業、宣伝です。

営業活動の武器は、コミュニケーション能力とビジネスマナーの有無です。貨物を運ぶ仕事だから他人と話をしないで済む、などと考えている人は、貨物軽自動車運送事業に手を出すのを止めた方がいいかもしれません。

営業トークや、荷主さんからスムーズに気持ちよく荷物を受け取り、届け先の人にもいやな思いをさせずに仕事をするには、やはり常識的なコミュニケーション能力とマナーが求められます。

 

次回は、貨物軽自動車運送事業の営業、宣伝について見ていきましょう。

貨物軽自動車運送事業経営届出

前回は、貨物軽自動車運送事業がどういう仕事かについて述べました。

貨物軽自動車運送事業とは、軽トラック、軽のバン、バイクなどを使って、お客様の荷物を運び、運賃を受け取る事で収益を得る事業の事です。

今回は、実際に貨物軽自動車運送事業を始めるにあたって、必要な届出について見ていきましょう。

 

貨物軽自動車運送事業を始めるにあたっては、運輸局支局長への届出が必要です。ですから、届出申請書を提出しなくてはなりません。

貨物軽自動車運送事業経営届出書を提出する時には、以下の項目を確認してください。この要件を運輸局支局で審査され、全てをクリアして、はじめて届出が受理されます。

 

各項目は以下のようになります。

●営業所が営業活動や運転者の管理を行う拠点であること

●事業用自動車の種別が軽普通車、軽霊柩自動車、二輪の自動車の別に区分されていること

●使用する軽自動車の構造が貨物運送に適したものであること

●車庫が営業所に併設されていること

●休憩・睡眠施設があり、営業所・車庫に併設していること

●運送約款が適切なものであること

●運行管理体制を整えていること

●十分な損害賠償能力があること

 

これまでは、事業を始める30日前までに申請届出が必要でしたが、最近、大幅に基準が緩和され、申請後、最短ですと即日に許可が下り、ナンバーを取得できるようになり、すぐに貨物軽自動車運送事業を開業できるようになりました。

 

具体的な細かい届出の手順をみていきましょう。

貨物軽自動車運送事業の届け出に必要な書類は、以下のものです。

貨物軽自動車運送事業経営届出

・運賃料金設定届書

・事業用自動車等連絡票

・車検証および完成検査終了証、または譲渡証明書

・自動車検査証記入申請

・軽自動車税申告書

・旧ナンバープレート

・車検証、自賠責保険証

 

自動車検査証記入申請書、軽自動車税申告書は、軽第1号様式あるいは軽第3号様式といい、窓口で1部数10円程度で購入することができます。

 

以上のような届出、手続きは、行政書士に代行してもらうことができます。

軽貨物運送業とは?

軽貨物運送業は、正式名称は「貨物軽自動車運送事業」。軽トラック、軽自動車のバン・タイプのもの、バイク等を使用し、仕事を依頼するお客様から引き取った、比較的、小さな、軽車両に収まる小型の荷物を預かり、お届け先に配送し、その報酬として料金(運賃)を受け取り、利益を得る事業です。昔は赤帽さんと言いました。

今、普通は大手宅急便会社の下請けとして契約、小さな荷物を運ぶのに従事している所が多いようです。大型トラックの入れない路地の届け先に届ける時など、威力を発揮します。お中元、お歳暮の時期には大活躍します。ガソリン代の高騰や環境問題から、昨今、軽自動車の人気が高まって、若者向けにいろいろな車種が発売されていますが、軽貨物運送は、手軽でエコな宅急便といえるでしょう。

貨物軽自動車運送業を始める為には、まずは各自治体ごとの運輸支局へ事業経営の届け出を行ない、事業用の黒ナンバーを取得する必要があります。届け出の仕方などは、また次項で述べましょう。

貨物軽自動車運送業は、一般貨物運送業と異なり、運行や車両整備の責任者に対する資格要件が無く、運送車両1台から簡単にスタートすることが出来る為、個人で起業して取り組み易い事業形態です。実際、軽荷物運送業を経営する人は、脱サラ、あるいは定年後、起業した人が多いと言えます。

自動車運送業といいますと「大きなトラックを用意する」、「フランチャイズ形式で初期費用が掛かる」、「軽自動車の購入費や駐車場代、保険代や店舗の確保等初期投資が非常に掛かる」というイメージを持っている方もいらっしゃいますが、そんな事はありません。貨物軽自動車運送業であれば、初期投資は少額ですみます。軽貨物運送業は一人で始めるという場合が多いので、人件費がかからず、また仕入れや在庫の問題もないのが特徴で経費があまり掛かかりません。

しかし、軽貨物運送業を営業していくには、毎月の想定した経費に、自分の生活費をプラスした売り上げを上げる必要があります。必要経費を想定した運転資金を事前に準備し、尚且つ企業化し会社を大きくしたい方は事業資金の積み立て計画を入念に立てた上で開業する事が必要になります。「軽貨物運送業務は、それだけ稼ぐ事ができるの?」という不安や疑問がおありだと思いますが、個人事業主である以上、サラリーマン時代と違い、頼りになるのはご自分だけです。自営業者は自分の努力が、即、結果に繋がってしまうというシビアな世界だと認識した上で、スタートしなければなりません。一歩踏み出すには、創意工夫、広告掲載、大手宅急便会社への営業、自社のホームページ制作、チラシ、名刺作り等それなりの努力や資金も必要になってきます