軽貨物運送会社設立

もし、軽貨物ドライバーが2人以上いて、軽貨物運送業を始めるのなら、実は、会社を設立したほうが得です。

これは、多くの軽貨物運送業者さんを見てきた自動車運輸/運送事業専門の行政書士だからはっきりと言えることです。

新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスでは、黒ナンバーを取得して、運送業会社を設立まで、まとめてお受けすることができます。

 

あなたがこんな悩みを抱えているのなら

軽貨物運送業の黒の営業ナンバーを早く安く取得したい…
●軽貨物ドライバーが2人いると会社に設立したほうが得だと聞いたが、その方法がわからない。
●黒ナンバー取得と会社設立を別々の事務所で依頼すると、書類のやり取りがバラバラになって時間がかかりそうだ。
●自分で作成した書類が本当に正しいのかわからず、不安になった。
●もし、陸運局で軽貨物運送業の質問をされても答えられないので、心配。
●「貨物軽自動車運送約款」「設定する料金の種類」「額及び適用方法」に何を記入すればいいのかわからない。
●自分で書類を作って陸運局に申請したら、受け取ってもらなかった。そしてその理由もわからない。

新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスでは、あなたのお悩みを解決します。

軽貨物運送のドライバーが2人以上いるのなら、個人事業主ではなく、会社を設立したほうが、メリットが大きい事を知ってください。

1.節税面で有利になります。

端的に説明すると、所得税と法人税の税率の差があります。例えば、個人事業主であれば、所得税は累進課税であるため、所得が増えれば増えるほど、税金が高くなっていきます。ですから、1年間の所得が500万円を超える場合であれば、会社の設立の検討をおすすめします。

さらに、生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金など、経費が認められる幅が増えるということもあります。

その他にも、個人事業では、原則として家族に給料を払う事は出来ない仕組みになっています。給料を家族に支払いたい場合には、税務署へ青色申告をする必要があります。しかしながら、法人ではそのような制限はありません。実際に会社に従事している家族がいれば、自由に給料を支払うことができます。これによって所得を分散させ、所得税や住民税を節税することもできます。

2.業務の効率化が図れます。

複数のドライバーがいれば、当然ながら、業務上の効率化が図れます。たくさんある軽貨物を1人で請け負うとすれば、 1日がかりかかるかもしれませんが、2人3人と複数のドライバーで対応すれば、その軽貨物を素早く配達することができます。そうすれば荷主にとっても、配達するまでの時間を短縮することができ、メリットは大きいのです。

3.融資や資金の調達がしやすくなります。

銀行からの融資では、個人事業主と会社とでは大きく異なってきます。個人事業で銀行から融資をうけようとすると、保証人を要求される場合があり、融資を受けづらいということがあります。しかし、会社であれば信用度が増し、融資が受けられる可能性が高くなります。

4.信頼性が高まり、取引先の拡大につながります。

多くの会社が、個人とは取引をしないという事がよくあります。また、営業する際でも、個人事業主と会社では相手に与える印象も安心感も異なってきます。

なぜ、黒ナンバーを取得して、会社を設立する場合、貨物軽自動車運送会社設立支援サービスを利用したほうがいいのか?

●営業まで最短1週間。
実は、多くの方が自力で作成し、間違いがあり何度もやり直している人がいるのです。当事務所に依頼いただければ、黒ナンバーを取得するための陸運局での申請もスムーズに行うことができ、会社の設立もスムーズに行うことができ、お申し込みから設立まで最短で1週間で完了することができます。

●打ち合わせは1回だけです。
当事務所では、黒ナンバー取得と会社設立の打ち合わせをまとめて1回で済ますことができます。これは運送業専門の行政書士の事務所だからこそできる事だと言えると思います。

●業界No.1クラスの圧倒的な作成スピード
慣れない書類作成、法律や法令、法規の意味がよく理解できず、調べるには、時間が非常にかかります。時間のない人、すぐに開業したい人におすすめです。

●業界屈指の料金の安さ
通常ですと10万円~30万円かかりますが、当事務所では、料金は通信事務代金込みで54,000円です。他の事務所と比べても、お安くなっております。
(この価格は、モニター価格のため、予告なくキャンペーンは終了いたします。)

軽貨物運送業開業マル秘ファイルを無料でプレゼントいたします。
経験豊富な行政書士だからこそ知り得る内容をお伝えします。
今まで多くの事業者の方々を見てきており、その中の成功事例やノウハウやアイデアを紹介しています。
軽貨物運送業の会社を開業する際に、ぜひ役立ててください。

仕事の都合で黒ナンバーを取得しなければならず、必要書類を確認しようとPCを見たときにたまたま新日本総合事務所を見つけた。大変満足。送られてきた書類を自分で揃えるのは大変出し、無理だと思ったから、依頼して良かったです。
長野県K様

インターネットで軽貨物の営業を調べていたら、目についたので、申込みをした。料金が安かった。大変満足。申込みをしてすぐ対応してくれた。小冊子もいただきとても参考になりました。
宮城県 K様

営業ナンバー取得にあたり、インターネットで各社調べました。ホームページの見易さ、解り易さで申し込みました。大変満足。難しい書類部分を代行していただき、自分で用意する書類も詳しく表記されており、事前にしっかり準備でき、半日でナンバー取得OKでした。予想よりあっけなく終り、お願いしてよかったと思います。
千葉県 K様

インターネット検索で申請について調べていて出会った。だいたい満足。対応が早く書式がていねいわかり易いです。忙しい人間にはピッタリです。不明な点がありましたのでお電話にてお尋ねしましたが、親切的確に対応いただけました。
東京都H様

ネットで検索。大変満足。自分で書類を揃えたり記入したり、面倒な事を任せてやって頂けたので大変助かりました。陸運局での手続きもスムーズに行えました。現在、配送の仕事に就いております。ありがとうございました。
東京都R様

申請する場合、間違えてしまったりする事がなく、何度もやりとりをする必要がない為、利用を考えました。だいたい満足。うれしかったです。
神奈川県 N様

貨物軽自動車運送事業の魅力とは?

運送業というと、大型トラックが数台必要で、その購入代金や駐車場代も必要、フランチャイズへの加盟、保険の加入が必要、様々な申請、許可が必要というイメージがあります。

しかし、貨物軽自動車運送事業の魅力は、初期費用が非常に安く、黒ナンバーを取得すれば、すぐに営業をスタートできることです。

車も新車でなく、中古車のトラックを使用したりすることで、さらに費用を抑えられます。貨物を運ぶことで売上をあげるので、当然ながら商品の仕入や在庫の管理もありません。

貨物軽自動車運送事業は、一般貨物運送事業に比べて、運行や車両の整備といった責任者に対する資格要件が比較的ハードルが低いので、素早く事業をはじめることができるのです。

黒ナンバーを取得すれば、あなたは運送業をスタートできます。

しかし、ここからはあなたの創意工夫が必要になってきます。

事業が始まれば、配送に掛かるガソリン代、トラック整備諸費用などの必要経費はもちろんのこと、
伝票の処理をする必要があります。

販路拡大するために、名刺やチラシ、ホームページの作成ということも必要でしょう。営業方法を勉強することもあるでしょうし、運送業で成功している会社の経営者の話を聞くのも大切です。計画をしっかり立てて行きたいものです。

そういったことを継続することで、売上はどんどんと上がっていき、利益が積み重さなり、かなりの収入を超えることができるでしょう。これが貨物軽自動車運送事業の会社の魅力といえます。

素早く書類を作成して、すぐに黒ナンバーを取得し、会社を設立するなら、
運送業専門の行政書士が行う軽貨物軽自動車運送会社設立支援サービスをご利用ください。
「料金が安かった。大変満足。申込みをしてすぐ対応してくれた。」とお喜びの声もいただいています。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!

黒ナンバー取得の手続きに必要な書類

まず、黒ナンバーを取得するには、国土交通大臣あるいは、地方運輸局長・地方運輸支局長へ書類を提出することになります。

必要な書類として、

貨物軽自動車運送事業経営届出書

・事業用自動車の運行管理の体制を記載した書類

・事業施設(運送事業の用に供する土地建物)(事業主が土地建物を所有している場合、登記簿謄本か固定資産証明が必要になります。土地建物を賃貸借している場合、土地建物所有者との賃貸借契約書が必要になります。土地建物を無償で借りている場合、土地建物の所有者からの使用承諾書が必要になります)

・主たる事務所、営業所、車庫、休憩睡眠施設の見取図および平面図

・車庫が都市計画法関係法令に抵触していない旨の宣誓書

貨物軽自動車運送事業運賃料金表およびその適用方

・貨物軽自動車運送約款・・・(これらは「貨物軽自動車運送事業の許可基準について」で明記しています)

貨物軽自動車運送事業の手続きには、非常に細かい項目を記入する必要があり、初めての人が一人で作成するには膨大な時間がかかってしまうのが現状です。

しかし、当事務所では、貨物軽自動車運送事業を専門に行なっている行政書士が書類を作成するので、その負担を大幅に軽減することができます。

過去に当事務所を利用いただいたお客様からは、「大変満足。自分で書類を揃えたり記入したり、面倒な事を任せてやって頂けたので大変助かりました。陸運局での手続きもスムーズに行えました。」とのご回答がありました。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!

覚えておきたい貨物軽自動車運送事業の許可基準の4つのポイント

貨物軽自動車運送事業経営届出
貨物軽自動車運送事業の営業届出基準が満たされていないと、黒ナンバーを取得することができません。

様々な基準がありますが、主なポイントは次の通りです。

1.車両
軽トラックが1台必要になります。この軽トラックが事業の利益を生み出します。

2.保険
自賠責保険と任意保険が必要になります。
万が一事故に遭った場合においても、十分な損害賠償能力があること示すことができます。

3.車を止めるスペース
原則としては、営業所に併設して車庫(車両の前後左右50cmずつの余裕が必要)を用意する必要がありますが、どうしても併設できない場合には、営業所から2Km以内のところに車庫を確保する必要があります。

4.ナンバープレート
ナンバープレートには地域名の次に4から始まる数字になっていいなければいけません。これはつまり小型貨物車ということです。車検証上の用途が「貨物」になっている必要があります。

他にも様々な基準を満たす必要がありますが、最低でもこれらの事を知っている必要があります。

当センターでは、法律用語がまったくわからない場合でも、素早く黒ナンバーを取得できるようにわかりやすく説明し、すぐに許可がおりる正しい書類を作成するサービスを提供しています。

つまり、あなたは、作成した書類を陸運局に提出するだけで良いのです。

軽貨物手続きに必要な書類

大前提として、貨物軽自動車運送事業を行う際には、国土交通大臣あるいは、地方運輸局長・地方運輸支局長へ書類を提出することになります。

軽トラック運送業に必要な書類として、

貨物軽自動車運送事業経営届出書

・事業用自動車の運行管理の体制を記載した書類

・事業施設(運送事業の用に供する土地建物)(事業主が土地建物を所有している場合、登記簿謄本か固定資産証明が必要になります。土地建物を賃貸借している場合、土地建物所有者との賃貸借契約書が必要になります。土地建物を無償で借りている場合、土地建物の所有者からの使用承諾書が必要になります)

・主たる事務所、営業所、車庫、休憩睡眠施設の見取図および平面図

・車庫が都市計画法関係法令に抵触していない旨の宣誓書

貨物軽自動車運送事業運賃料金表およびその適用方

・貨物軽自動車運送約款・・・(これらは「貨物軽自動車運送事業の許可基準について」で明記しています)

貨物軽自動車運送事業の手続きには、非常に細かい項目を記入する必要があり、初めての人が一人で作成するには膨大な時間がかかってしまうのが現状です。

しかし、当センターの書類作成サービスでは貨物軽自動車運送事業を専門に行なっている行政書士が書類を作成するので、その負担を大幅に軽減することができます。
過去に当センターを利用いただいたお客様からは、「大変満足。自分で書類を揃えたり記入したり、面倒な事を任せてやって頂けたので大変助かりました。陸運局での手続きもスムーズに行えました。」とのご回答がありました。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!
軽貨物

お申込みから、実際に営業を開始するまでの具体的な5ステップ

黒ナンバーを取得して、軽貨物運送業を開始するには、数々の書類を作成する必要がありますが、当センターにお任せいただくことで、素早く正確な書類を作成し、すぐ営業をスタートできるようになります。
運送業専門の行政書士が全面的にあなたをサポートしますので、ご安心ください。

最初にご自身で準備していただくものは下記の5つです。

・軽トラック
・営業所(自宅でも可)
・車庫(自宅でも可)
・車検証
・任意保険

1.お申込み・・・当ウェブサイト、もしくはFAXでお申込みいただけます。
・ウェブサイトからお申込み
お名前とご住所は、住民票に記載されてある正しい表記でご記入ください。

・FAXにてお申込み
パソコンに表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。

2.書類お届け&代金のお支払い
当センターから書類一式を代引きにてお届けしますので、その際に郵便配達員に6,980円をお支払いください。

3.署名など記入
いくつかの箇所では、お客様自身で署名などの記入が必要になります。特に難しい事はありませんのでご安心ください。

4.陸運局へ書類を提出
営業所のある陸運局へ行き、書類を提出してください。

5.連絡書を受取り、ナンバー取得の手続きをして、黒ナンバーを取得
陸運局で申請が通れば、連絡書をもらうことができます。その後、軽自動車検査協会で黒ナンバーを取得してください。(軽自動車検査協会へは、黒ナンバープレート代として、1,440円のお支払いが必要です。)

※詳しい事については、サービスをご利用頂いた際に、わかりやすくご案内をいたします。

すべてをあなたご自身で書類を作成するのは、膨大な時間とストレスを感じてしまいます。
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業届出書類作成サービスをご利用ください。

過去のお客様からは、「対応が早く書式がていねいわかりやすい。忙しい人間にはピッタリです。不明な点を電話にてお尋ねしましたが、親切的確に対応いただけました。」とお喜びの声をいただきました。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!

お申込みから、実際に黒ナンバーを取得するまでの具体的な5ステップ

黒ナンバーを取得して、軽貨物運送業を開始するには、数々の書類を作成する必要がありますが、当事務所にお任せいただくことで、素早く正確な書類を作成し、すぐ営業をスタートできるようになります。
運送業専門の行政書士が全面的にあなたをサポートしますので、ご安心ください。

最初にご自身で準備していただくものは下記の5つです。

・軽トラック
・営業所(自宅でも可)
・車庫(自宅でも可)
・車検証
・任意保険

1.お申込み・・・当ウェブサイト、もしくはFAXでお申込みいただけます。
・ウェブサイトからお申込み
お名前とご住所は、住民票に記載されてある正しい表記でご記入ください。

・FAXにてお申込み
パソコンに表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。

2.書類お届け&代金のお支払い
当事務所から書類一式を代引きにてお届けしますので、その際に郵便配達員に6,980円をお支払いください。

3.署名など記入
いくつかの箇所では、お客様自身で署名などの記入が必要になります。特に難しい事はありませんのでご安心ください。

4.陸運局へ書類を提出
営業所のある陸運局へ行き、書類を提出してください。

5.連絡書を受取り、ナンバー取得の手続きをして、黒ナンバーを取得
陸運局で申請が通れば、連絡書をもらうことができます。その後、軽自動車検査協会で黒ナンバーを取得してください。(軽自動車検査協会へは、黒ナンバープレート代として、1,440円のお支払いが必要です。)

また、会社設立する際に必要な書類等に関しましては、お申込み後、ご連絡差し上げます。

※詳しい事については、サービスをご利用頂いた際に、わかりやすくご案内をいたします。

黒ナンバーを取得して、会社を設立するのは、膨大な時間とストレスを感じてしまいます。
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスをご利用ください。

過去のお客様からは、「対応が早く書式がていねいわかりやすい。忙しい人間にはピッタリです。不明な点を電話にてお尋ねしましたが、親切的確に対応いただけました。」とお喜びの声をいただきました。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!

黒ナンバーを取得するまでは、何日かかるのですか?

実際には、「書類がたくさんありすぎて理解できない、難しい」と思う人がたくさんいます。そして、「書類を申請して、軽貨物の運送業を始めるまでどれくらいの日数がかかるの?」と疑問に思うことでしょう。

その答えは、これです。
貨物軽自動車運送事業では、申請したその日に、黒ナンバーを取得できます。」

しかし、その際に、目の前に立ちはだかる大きな壁が「書類作成」です。

この書類作成が正確に作成できないと、いつまでも許可がおりず、黒ナンバーを手にすることはできないのです。普段あまり、行政の書類を扱うことのない人にとっては、非常にストレスを感じる作業です。ほとんどの書類は、一般のわかりやすい言葉では書かれておらず、数々の法律用語や難しい言葉が使われており、正確に理解するには多くの時間を要します。

しかし、当事務所ではあなたの悩みを素早く解決することができます。
貨物軽自動車運送事業を専門に行なっている行政書士が作成をしますので、スピーディーに書類を作成します。

業務の効率化が成功し、大幅に売上を伸ばした2人のドライバー

田畑さんと村上さんは、同じ軽貨物運送ドライバーでした。お互いのことは昔からよく知っている仲間でした。

それぞれ個人事業主として、運送会社のアンダーとして、軽貨物を配達していました。運送会社からの仕事は自分で営業活動しなくてもよいということがあったのですが、単価が安いということが悩みの種でした。

そして、配達する先が、一般の家庭の場合、留守であることがあり、荷物を受け取ってくれないということがあります。これは、いつでも受け取ってくれる会社や事務所に届けるとは違い、かなり効率が悪くなってしまうのです。そのため、朝早くから夜遅くまで配達する必要があったのです。

さらに、毎月の請求や入金の確認、そして書類の処理まですべて自分でやらなければいけないという事が、大変でした。

ある日、田畑さんは「効率よく荷物を配達することができればいいのではないか、ドライバーが2人いれば重複する部分を分業して、もっと効率が良くなるはずだ。」はそう思い、村上さんに電話をしたのです。

そうすると、村上さんも「確かにそうだな」と言ってくれたのです。

その後、2人で会社の設立について話し合い、まずは専門家に相談してみようということになったのです。
そこで、2人は新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスに相談しました。

そして、村上さんと田畑さんの2人の頭文字を取り、「MTロジスティクス」という会社を設立したのです。

会社設立後は、大量の荷物は、2人で分担して配達することにより、配達のスピードが以前よりダ断然早くなりました。届ける時間も午前中に配達することも可能になったのです。そして午後には、また別の貨物を配達することができました。

また、情報の共有ができることで、様々なメリットが生まれました。今の時代、どのような情報を持っているかということで、所得が全く異なってくることを2人は身を持って知ることができたのです。

例えば、渋滞や道路工事の情報を共有することができ、事前に配達するルートを変更して、効率よく配達することができたり、あるいは取引先の情報、営業の方法を2人で共有することができるようになりました。伝票処理もどちらかの1人がまとめてすることによって、大幅な時間短縮をすることができたのです。

さらには、税金面、融資の面、さらには取引先への信頼度も上がり、会社のほうが様々な店で有利になりました。

田畑さんと村上さんは1つの会社「MTロジスティクス」で、運送業を行うことによって、取引先からの信頼をえることができ、業績を上げ、さらにチャーター便など儲かる仕事を受注してできるようになり、売上を大幅に伸ばしていきました。

田畑さんや村上さんは、周りの知り合いのドライバーに「軽貨物のドライバーが2人以上いるなら、会社を設立したほうが有利だよ」とアドバイスするようになったようです。

黒ナンバー取得と会社設立の書類作成サービスには、どのくらいの費用がかかりますか?

新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスでは、
通常は105,000円(申請書作成料104,000円+通信事務手数料1,000円)ですが

モニターキャンペーンとして、
54,000円です。

一般的には、黒ナンバー取得と会社設立代行を依頼すると10万円~30万円かかるので、業界最安と言えます。

※モニターキャンペーンは予告なく終了させていただきますので、ご検討中の方はお急ぎください。

過去に行ったお客様へのアンケートでは、「大変満足。何度もフォローがあったのがよかった。」とのご回答もいただきました。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!
また、オプションサービスとして、登記簿謄本取得代行と書留配達証明郵便も行っています。

・登記簿謄本取得代行…株式会社等法人のお客さま向けサービスです。
4,000円 (1回1名様1通分)(手続実費・郵便代700円+申請手数料3,300円)

・書留配達証明郵便…レターパックで免許証等を送るのが不安な方向けサービスです。
3,000円 (手続実費1,680円+手数料1,470円)

よくある質問におこたえします。

Q このサービスの内容は?
A 軽貨物自動車の運送会社を設立するための支援サービスで、黒ナンバーを取得し、会社を設立するために必要な書類の作成を行います。

Q 料金の支払い方法は?
A 作成した書類を代引きとして郵送いたします。その際に郵便配達員へ52,500円をお支払いください。

Q 黒ナンバーをもらうまで、どのくらいの日数が掛かりますか?
A 書類を陸運局へ申請し、受理されれば、即日で黒ナンバーを受け取ることができます。

Q 黒ナンバーは、自分で書類を作成することもできるのでは?
A 本やインターネットでいろいろ調べて、ご自身で書類を作成することももちろんできます。しかしながら、軽貨物運送業届出に必要な申請書類は様々なものがあり、作成経験や知識が無い場合には非常に多くの時間を費やしてしまいます。もしも間違った書類を作成し提出した場合、陸運局へ行ってもまた出戻る必要があります。1日も営業をスタートして売上をあげたいという方は、書類作成はプロに任せるということが賢明であるとお考え、書類作成をご依頼されます。

Q なぜこんなに安くて大丈夫?
A経験豊富な運送業専門の行政書士が担当するため、短時間で素早く書類を作成することが可能だからです。黒ナンバーを取得して、軽貨物自動車運送会社を設立するのであれば、ぜひご相談ください。

あなたが運送業で成功するために… 無料プレゼントのお知らせ

運送業を始めるにあたって、一番に考えなければならないことは、それは事業開始後の運営していくための資金です。

資金についての悩みは、多くの売上、利益をあげることができれば、解決されることが大半です。

そこで、当事務所では、「軽貨物運送業開業マル秘ファイル」をご用意いたしました。ご依頼いただいたすべての方へ無料でプレゼントしています。

これは、経験豊富な行政書士だからこそ知り得る内容をお伝えします。今まで多くの事業者の方々を見て、そこで積み上げた成功事例やノウハウやアイデアを紹介しています。開業の際に、ぜひ役立ててください。

行政書士 新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立支援サービスにご依頼いただければ、煩わしいことに頭を悩ませることなく、すぐに黒ナンバーを取得できます。また、会社設立への手続きも併せておこないます。

貨物軽自動車運送事業は社会に必要とされた非常に有意義な仕事です。自分自身の熱意と努力、そしてある程度の自己資金があれば、十分に業績を伸ばすことができる仕事です。

この仕事を通じて、あなたが一層成長し、人生がより豊かになることを願っています。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!
あなたが運送業で成功するために… 無料プレゼントのお知らせ

運送業を始めるにあたって、一番に考えなければならないことは、それは事業開始後の運営していくための資金です。

資金についての悩みは、多くの売上、利益をあげることができれば、解決されることが大半です。

そこで、当センターでは、「軽貨物運送業開業マル秘ファイル」をご用意いたしました。ご依頼いただいたすべての方へ無料でプレゼントしています。

これは、経験豊富な行政書士だからこそ知り得る内容をお伝えします。今まで多くの事業者の方々を見て、そこで積み上げた成功事例やノウハウやアイデアを紹介しています。開業の際に、ぜひ役立ててください。

行政書士 新日本総合事務所の軽貨物自動車運送業経営届出センターにご依頼いただければ、煩わしいことに頭を悩ませることなく、一発で受理されます。

貨物軽自動車運送事業は社会に必要とされた非常に有意義な仕事です。自分自身の熱意と努力、そしてある程度の自己資金があれば、十分に業績を伸ばすことができる仕事です。

この仕事を通じて、あなたが一層成長し、人生がより豊かになることを願っています。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
軽貨物自動車運送業申請書類お申し込み
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送事業経営届出書作成サービスをご利用ください!